1日放送の「戦え!スポーツ内閣」(毎日放送)で、落合博満氏が今季不振に終わった阪神タイガース藤浪晋太郎への危惧をあらわに。今季途中に2軍で調整したことについては否定的な見解を示した。

ゲストに三冠王落合氏を迎えた番組では、「教えて! 阪神への特効薬」というトークテーマで、藤浪を取り上げた。藤浪は今シーズン、初登板で死球を与えるなどその後も不振に苦しみ、一時再調整で2軍に降格。2カ月半後に1軍に復帰するも、復帰初登板またで死球を犯すなど、不本意なシーズンに終わってしまった。

落合氏は藤浪について、制球が悪いのは当初からわかっていたことだとし、「コントロールをよくするためにどうするかということを(監督や首脳陣が)考えてやりゃいい」と語り、「そうでなかったら藤浪、終わっちゃうよ」と危惧をあらわに。また、金本知憲監督が2軍に落としたことは「調整にならない」と否定的で、先発で起用し続けるべきだったとし「現状から逃がしちゃダメだ」との考えを述べた。

具体的なアドバイスを求められた落合氏は「(ピッチャープレートの)3塁側を踏ませる」と即答。また「頭の近辺(にボールが)行くんだったら行っていい」と伝えるという。さらに「最後の最後までボールを持ちなさい」と助言し、キャンプでアウトコースだけの練習をさせたほうがいいと語っていた。

【関連記事】
みやぞんが高校時代の野球部での失敗談語る「スゴく嫌な記憶が…」
楽天・則本昂大が「歯が立たなかった」と漏らす怪物選手の現在
伊集院光が張本勲氏に対する皮肉を連発「ただ『喝』ってジジイ」