東京近郊で旅を感じるイベント 旬の味覚を楽しめる食の祭典「東京ハーヴェスト」へ

写真拡大 (全6枚)

週末、旅に出なくても都内や東京近郊で旅気分を味わえる、イベントやお祭りを紹介。地方や外国などのグルメ・伝統・文化を体験しながら、遠くの土地に思いを馳せて。

◆六本木ヒルズに約30店のマルシェやキッチンカーが集結!文化やアートに触れる食の祭典

おいしい食物の収穫が増える、実りの秋。今の季節にぴったりな旬の味覚を楽しめる食の祭典「東京ハーヴェスト」が、2017年11月11日(土)・12日(日)に開催される。六本木ヒルズのアリーナにキッチンカーやマルシェが集合し、日本各地のおいしいものを堪能できるのはもちろん、アートや音楽、スポーツをテーマにしたコンテンツも盛りだくさんな2日間。作り手の思いや地域の文化に触れ、「おいしい日本」を再発見しよう。


左から、「福島の大地の恵みと三陸牡蠣のほっこりミルクチャウダー」、宮崎のローカルブランド牛「こゆビーフ」

いちばんの目玉は、やっぱりグルメ! 全国の生産者が心を込めて作った旬の味覚が勢ぞろい。マルシェやキッチンカーが約30店舗集結し、「おいしい!」と「楽しい!」がたっぷり用意されている。注目は、「福島の大地の恵みと三陸牡蠣のほっこりミルクチャウダー」。福島の野菜とジャージー牛乳、三陸牡蠣の旨みを感じられる優しくて温かい一品は、ほっこり気分に。また、宮崎のローカルブランド牛「こゆビーフ」を使用した焼肉丼もおすすめ。柔らかさの際立つ肉質と葡萄のような豊かなコクを持つ赤身が特徴で、地元のファンに愛されてきた味を堪能できる。当日会場には生産者がいるので、直接感想を伝えてみよう。

入場無料でスペシャルライブを楽しめるのも、魅力のひとつ。全3組による収穫祭の伝統的な踊りを取り入れたパフォーマンスを鑑賞して。日本の伝統舞踊を自由な音楽と衣装でアレンジした現代ダンス「YOSAKOI」を披露するのは、「燦-SUN-」と「さぬき舞人」の2組。ニシンの水揚げ時に歌われた民謡「ソーラン節」もよさこいにミックスされるので、一緒に踊って感謝の気持ちを届けよう。また、「Little Fats & Swingin´ Hot Shot Party」による、収獲を祝いながら音楽に合わせて練り歩くライブ&パレードも。洗濯板のパーカッション・WashBoardや、弦をはじいて音を出すBanjoなど、普段あまり見かけることのない楽器が使用されるそう。アコースティック楽器の持つ圧巻のサウンドに、虜になるはず。


会場に飾られるアート「カクラ・クルクル・アット・ツマリ」

また、会場を華やかに彩る野菜や果物のアートにも目を向けて。エントランスには、自然の恵みを余すことなく利用する日本の食文化「干し物」を連想させる、吊るし野菜のインスタレーションが登場。また、新潟の「大地の芸術祭越後妻有アートトリエンナーレ」からは、風に吹かれたときの心地よい音が田んぼや草花の匂いを想起させる竹の風車「カクラ・クルクル・アット・ツマリ」がやってくる。そのほか、農業をモチーフにした競技が楽しめるプチ運動会の開催も。当日申し込みOKの田植え競争に参加すると、優勝者には素敵なプレゼントが! ぜひ、友達や家族とチャレンジしてみて。
収穫を祝い感謝の気持ちを伝える食の祭典で、アートや文化に触れ、おいしいものを味わおう。

開催日時/2017年11月11日(土)11:00〜19:00、12日(日)11:00〜18:00
開催場所/六本木ヒルズ アリーナ
東京都港区六本木6-10-1
アクセス/東京メトロ日比谷線「六本木」駅1C出口よりコンコースにて直結、都営地下鉄大江戸線「六本木」駅3出口より徒歩4分
問い合わせ/03-5793-1207(東京ハーヴェスト実行委員会)
入場料/無料
■田植え競争
開催日時/11月11日(土)15:00〜、11月12日(日)12:30〜、16:45〜
申し込み方法/当日、会場のインフォメーションにて申し込み
参加費/無料

WRITING/NOZOMI SUZUKI