数々の名馬を世に送り出した調教師・角居勝彦氏

写真拡大

 レースで勝てなかった時、陣営は着順より勝ち馬との着差に注目するという。馬柱でも確認できるこの数字を予想にどう生かせばいいのか。数々の名馬を世に送り出した調教師・角居勝彦氏による週刊ポストでの連載「競馬はもっともっと面白い 感性の法則」から、コンマ5秒差(0.5秒差)ならば挽回できる差なのか、についてお届けする。

 * * *
 前走ハナ差負けなら勝ったも同然、アタマ差、クビ差でも今度こそなんとかしてくれるのではないかと思うでしょう。とくに未勝利戦などでは、そういった馬に人気が集まるでしょう。

 さらにファンの感覚からすればコンマ5秒差くらいなら、と思うかもしれません。

 でも私たちの感覚としては「コンマ5秒も」です。同条件での巻き返しの目安はコンマ2秒差でしょうか。コンマ2秒差はほぼ1馬身。前の馬の影を捉えられるかどうかというところ。それを考えると、コンマ5秒差は相当に大きいことが分かります。

 しかし、場合によってはなんとかなる。どんな競馬でコンマ5秒差だったか。そこが大事です。

 まず展開。逃げて負けた時はまずい。逃げ切れずにコンマ5秒差がついた馬は、次走はコースや競馬場を変える場合が多いようですが、たいていは芳しくない。よく1400メートルで逃げきれなかったから1200メートルなら粘れるというけれど、コンマ5秒差の大差は埋めにくく、そう簡単ではないのです。

 一方、差し届かずのコンマ差ならば見込みはある。届かない馬はエンジンかけて動き出すまで時間かかる。不器用なタイプなので、競馬を覚えて上手に立ち回れば着差を埋められます。各コーナーの通過順を見れば、どういう競馬をしたか分かるはずです。

 次に距離。同じコンマ5秒差でも、1200メートルと2000メートルの場合はもちろん違う。同じ着差ならば、たしかに距離の長いほうが頑張った印象を受けますね。長い距離のほうが逆転可能と思うかもしれません。でも実は逆で、短い距離のほうが着差を縮められ易いのです。

 2000メートルのレースで、普通の脚質ならば、レースが落ち着く頃には自分のポジションにもっていくことができるはず。それができず、コンマ5秒も離されているということになれば修復しづらい。チャンスがあったにもかかわらず、3馬身ぶっちぎられたという感じです。

 道中をいい位置につけたけれどもコンマ5秒離されたならば、さらに完敗感が漂う。競馬を分かっているわりには勝てない。その時の力不足、体力の状態を見て、思い切って放牧に出すこともあります。

 つまり、いい競馬をしてコンマ5秒差というのは厳しい。3歳未勝利戦にそういう傾向が多いようです。

 距離が短い場合のほうが、次走への修正の余地が大きいわけです。たとえばスタートでもたついて道中で好位につけられず、勝ち馬にコンマ5秒差で届かなかった場合。それならなんとかなりそうです。

 秋のGIの先駆け、レッドファルクスが勝ったスプリンターズSは興味深い結果になりました。11着のセイウンコウセイが1着とコンマ5秒差。なんとコンマ5秒差の中に11頭がひしめいていた。もちろん高レベルの争いでしたが、9着でも10着の馬でも、1200メートルのコンマ5秒差だから次走はなんとかできる、という見方もアリです。

●すみい・かつひこ/1964年石川県生まれ。2000年に調教師免許取得、2001年に開業。以後15年で中央GI勝利数23は歴代3位、現役では2位(2017年10月15日終了現在)。今年は13週連続勝利の日本記録を達成。ヴィクトワールピサでドバイワールドカップ、シーザリオでアメリカンオークスを勝つなど海外でも活躍。引退馬のセカンドキャリア支援、障害者乗馬などにも尽力している。引退した管理馬はほかにカネヒキリ、ウオッカなど。『競馬感性の法則』(小学館新書)が発売中。

※週刊ポスト2017年11月3日号