政府専用機の知られざる装備 1回飛ばすのにかかる費用は

by ライブドアニュース編集部

ざっくり言うと

  • 「空飛ぶ首相執務室」とも呼ばれる政府専用機について解説している
  • 政府職員が使うコピー機やファクスがあるほか、会議スペースがある
  • 運航経費などを含む外遊の経費は、1回あたりの平均額が2億2千万円弱だそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x