提供:リアルライブ

写真拡大

【今週の予想】

☆東京3R 2歳未勝利(芝1600m)

 ミカリーニョは、デビュー戦となった前走、絶好の手応えで4コーナーを迎えたものの、進路を確保しようとした際に外の馬と接触するロス。それでも直線ではしっかりと脚を使っていたが、勝ち馬に目標にされてしまい差されて2着。着差が着差だけに4コーナーでのロスが痛かった。今回は直線の長い東京競馬場。じっくり直線へ向いて突き抜ける。

◎ミカリーニョ
○ディアサルファー
▲ジョブックコメン
△₁ケイツーレアル
△₂カサーレ
△₃ムーンライトナイト

買い目
【馬単】5点
◎→○、▲、△₁、△₂、△₃
【3連複1頭軸流し】10点
◎-○、▲、△₁、△₂、△₃
【3連単フォーメーション】12点
◎→○、▲、△₁→○、▲、△₁、△₂、△₃

☆京都8R 3歳以上500万下(ダート1400m)

 今度こそのバレーロ。前走も◎を打ったが、12番人気であわやの3着。久々の1400m戦だったため、ダッシュが付かず後方からの競馬となったが、4コーナーでの手応えは抜群。実際に追われて伸び始めると、明らかに他馬よりも目立つ伸びを見せていただけに、前の馬を上手く捌けず窮屈になって、勢いが削がれたことが痛かった。再度伸びはしたものの3着まで。やはりこのクラスでは力は上。今回も追い切りはしっかりと動いており、好調をキープしている。スムーズなら今度こそ。

◎バレーロ
○メイショウサチシオ
▲ハクサンベル
△₁カフジグローリー
△₂イイデメモリー
△₃テイケイレーヴ

買い目
【馬単】6点
◎→○、▲、△₁、△₂、△₃
○→◎
【3連複1頭軸流し】10点
◎-○、▲、△₁、△₂、△₃
【3連単フォーメーション】20点
◎→○、▲、△₁→○、▲、△₁、△₂、△₃
○、▲→◎→○、▲、△₁、△₂、△₃

☆新潟11R ルミエールオータムダッシュ(芝1000m)

 叩き2走目で狙えるレッドラウダ。前走はもう少しのところで51kgの軽量馬に差されたものの、本馬は58kgの斤量を背負ってのもの。初ブリンカーの効果で行きっぷりが良化。好スタートからハナに立ち、抜群の手応えで追い出されたものの、ゴール直前で58kgの斤量と休み明けの影響が出た印象。今度は叩き2走目で56kgの斤量。2階級格上挑戦となるが、昨年は当レースで勝ち馬から0秒6差の5着。実力さえ発揮できれば、一発があってもおかしくない。

◎レッドラウダ
○アペルトゥーラ
▲ナックビーナス
△₁アクティブミノル
△₂ジャストドゥイング
△₃ラインスピリット

買い目
【馬単】6点
◎→○、▲、△₁、△₂
○、▲→◎
【3連複1頭軸流し】10点
◎-○、▲、△₁、△₂、△₃
【3連単フォーメーション】20点
◎→○、▲、△₁→○、▲、△₁、△₂、△₃
○、▲→◎→○、▲、△₁、△₂、△₃

☆東京11R 天皇賞(秋)(G)(芝2000m)

 3歳牝馬、牡馬から実績馬、上がり馬と例年以上に豪華、面白いメンバーが揃った今年の天皇賞(秋)。中でも大将格のキタサンブラックは、前走の宝塚記念で明白な敗因がなく、見えない疲れが溜まっていたと判断せざるを得ない。ただ、前々走の天皇賞(春)を日本レコードで制したのだから納得がいく。今回はそのダメージが完全に抜け切っているかが焦点になるが、その心配は杞憂に終わるだろう。9月16日に帰厩し、2日後には早くも時計を出し始めるのだから疲れが溜まっていてはできない過程。G5勝馬の名馬だけに、中途半端な状態での出走はしないだろう。帰厩からこれまでじっくりと乗り込まれており、秋緒戦から力を出せる仕上がり。引退までの残り3戦、すべてのレースで強い競馬を期待する。相手本線はリアルスティール。昨年は出走予定だった毎日王冠を使えず、順調さを欠いての天皇賞(秋)参戦であったが、最速の上がりを使って2着と好走。それを考えると、順調に前哨戦の毎日王冠を使えた今年は、昨年以上の結果が期待できるだけの状態。キタサンブラックは強敵だが、こちらもドバイターフを勝っている実力馬。逆転があっても不思議ではない。▲はサトノアラジン。今がまさにピークと言えるほどのデキ。一発があってもおかしくない。以下、ステファノス、グレーターロンドン、ヤマカツエースまで。

◎(7)キタサンブラック
○(4)リアルスティール
▲(14)サトノアラジン
△(12)ステファノス
△(13)グレーターロンドン
△(5)ヤマカツエース
好調教馬(14)(5)(4)

買い目
【馬単】4点
(7)→(4)(12)(14)
(4)→(7)
【3連複1頭軸流し】10点
(7)-(4)(5)(12)(13)(14)
【3連単フォーメーション】20点
(7)→(4)(12)(14)→(4)(5)(12)(13)(14)
(4)(14)→(7)→(4)(5)(12)(13)(14)

※出走表などのデータは、必ずJRA公式発表のものと照合して下さい。<プロフィール>
ハッシー
山梨県出身。浦河にある生産牧場を経て、在京スポーツ紙への入社。牧童経験を活かし、数々の万馬券を的中する。中にはパドックで選んだ4頭で決まり3連単100万円越えもあり。予想スタイルは馬の適性、過去のレース内容、調教を重視。