九月場所で敢闘賞を受賞した朝乃山(写真:共同通信社)

写真拡大

 相撲ブームが沸騰している。「謎のスー女」こと相撲女子の尾崎しのぶ氏が、相撲コラムを週刊ポストで執筆中。今回は、九月場所で敢闘賞を受賞した朝乃山について尾崎氏が綴る。

 * * *
「そうなったら日曜は早じまいします。好きな時に休んで何が悪いんですか。誰が僕をとがめるっていうんですか」

 九月二十二日の夜、友人Hからそう電話がかかってきた。バーを経営しているHはとても真面目な人で、足を骨折しても店に立ち続けた。だからこんな乱暴な物言いはHらしくないのだが、理由があるのだ。

 朝乃山が優勝したならその晴れ姿を是非とも見に行かなければならない。国技館前で優勝パレードを見るか、それとも高砂部屋の前ではりこむべきか悩んでいるとのこと。

 富山出身のHは、今年三月石橋改め朝乃山が一九八四年の琴ケ梅以来三十三年ぶりの(富山出身者として)十両昇進をした時、涙を浮かべつつも「琴ケ梅は八尾町の小学校(教師の中には柴田理恵の親がいた)の大先輩として特別な思いがある。呉羽町の朝乃山はそれには劣るが贅沢は言わないでおこう」と強がっていた。

 しかし三場所で十両を通過し駒不動以来二十八年ぶりの幕内昇進には素直にガッツポーズをせざるを得ない様子。私は青森出身で同郷の力士がたっぷりいて、Hのような感動を持てない。だから力士を生む土地としての富山の不毛さを、逆にうらやましく思った。

 単独トップに立っていた豪栄道が十二日目松鳳山に敗れ二敗になったことにより、優勝戦線に浮上した四敗の十人の中に朝乃山が入っていた。上位との対戦ですさまじい躍進を見せた阿武咲(金星も獲得)に気を取られ、序盤ヌケヌケ(白星黒星が交互になる)だった朝乃山にはあまり注目していなかったから驚いてしまった。

 翌日も豪栄道は負けた。三敗豪栄道、四敗に日馬富士と朝乃山。豪栄道が持ち直さず朝乃山が幕尻で勝ち続けた場合、巴戦となるのだが……。新聞は書きたてる。新入幕での優勝となれば一九一四年五月の両國勇治郎以来百三年ぶり、富山出身力士の優勝は一九一六年の第二十二代横綱・太刀山以来で百一年ぶりの大ごとであると。

 Hは朝乃山が巻き込まれている事態に興奮して、手が震えているそうだ。シェイカーを振るのにちょうどいいではないか、と思ったが言わない。

 しかし十四日目、朝乃山は阿武咲相手に何もできずあっさりと押し出された。朝乃山の大勝ちが理由だったのだが、地力に差があり過ぎる前頭三枚目と十六枚目の対戦だった。豪栄道は三敗を死守。これにより朝乃山の優勝は消滅した。

 千秋楽、上京した父と母の前で十勝目。勝った場合には敢闘賞受賞と条件がつけられていた大事な一番を落ち着いて取った朝乃山に、私は拍手をする。

 どうしているかなと思い、Hに電話をかけた。Hが朝乃山の活躍に心を寄せていることを知っている人たちがその健闘を称えに来てくれて、バーは大賑わいだそうだ。この様子では、もし朝乃山が幕内最高優勝していたとしてもお客さんを追い払って高砂部屋に駆け付けることは不可能だったろう。

 朝乃山の母校・呉羽小学校にある土俵は「太刀山道場」。太刀山の遺族の寄付で設けられたその土俵で夏に行われた児童の相撲大会には「朝乃山杯」と名がつけられた。故郷の英雄と並べられて本人は恐縮しきりだそうだが、相撲を愛する富山県民のフィーバーぶりが伝わってくる。

 九月場所は、富山には強い力士がいると証明されたすばらしい場所だった。太刀山に近付いていけるか、十一月場所の活躍が楽しみである。

※週刊ポスト2017年11月3日号