ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 秋華賞、菊花賞と3歳牝馬、牡馬の”三冠”レースが終わりました。そして今週は、秋の”古馬三冠”の第1弾となる天皇賞・秋(10月29日/東京・芝2000m)が行なわれます。

 最近の傾向では、この天皇賞・秋よりもジャパンカップ、有馬記念のほうが賞金が高いため、天皇賞・秋をパスしてそちらに臨む陣営が増えてきました。有馬記念の1着賞金も、昨年からジャパンカップと同じ3億円にアップ。天皇賞・秋の倍ですからね、そうしたローテションを選択する陣営が多くなるのは、やむを得ないのかもしれません。

 しかし今年は、昨年は当レースをスキップしたキタサンブラック(牡5歳)が参戦し、同期のライバルとなるサトノクラウン(牡5歳)、リアルスティール(牡5歳)も出走。さらに安田記念(6月4日/東京・芝1600m)を勝ったサトノアラジン(牡6歳)や、オークス馬のソウルスターリング(牝3歳)など、各世代のGI馬が顔をそろえました。加えて、GIタイトルこそないものの、GIでの好走実績や重賞勝ちのある実力馬たちも名を連ね、久しぶりに「メンバーのそろった秋の天皇賞」と言えるのではないでしょうか。その分、馬券予想は難しくなりますけどね……。

 まず注目されるのは、何と言ってもキタサンブラックでしょう。

 今年から大阪杯(阪神・芝2000m)がGIに昇格し、新たに春の”古馬三冠”レースが設定されました。そのうち、キタサンブラックは大阪杯(4月2日)、天皇賞・春(4月30日/京都・芝3200m)の二冠を完璧なレースで完勝。そのまま最後の宝塚記念(6月25日/阪神・芝2200m)も制して、「三冠濃厚か」と思われました。

 しかしハイレベルかつ熾烈な舞台において、短期間で3回とも高いパフォーマンスを発揮することは、並大抵のことではないのでしょう。特に、天皇賞・春はレコードタイムが記録されるような、極限に近い競馬でしたからね。そのあとの宝塚記念までは”おつり”が残っていなかったのだと思います。そこで9着と敗戦したことは、仕方がないと言えなくもありません。

 ただ……、それでも少し”負けすぎ”といった感は否めません。あそこまで負けたということは、その後の影響が心配されます。休養期間は、宝塚記念が終わった6月末から、トレセンに帰厩して乗り出しを開始した9月中旬までのおよそ2カ月半。この短い時間の中で、本当に疲れが癒えているのでしょうか。

 僕の個人的な感覚では、競走馬が疲れ果てた体を癒すには、最低でも3カ月の休養と、1カ月の調整期間が必要だと思っています。もちろん個体差があるので、それがキタサンブラックには当てはまらないかもしれませんが、あれだけ負けたあとなので、やはり気になります。

 また、そもそもの話ですが、これまでキタサンブラックが走ってきたコースの中で、今回の東京・芝2000mという舞台が一番合わないと思うんですよね。ジャパンカップの舞台となる東京・芝2400mと違って、マイラーでも力を発揮できる舞台ですからね。とりわけ天皇賞・秋においては、ある程度のテンの速さと、それでも脚がたまるスピード、東京コースならではの上がりの速い決着を制するだけの、終(しま)いの爆発力が求められます。スピードのある馬、決め手のある馬が他にたくさんいるので、キタサンブラックが厳しい競馬を強いられることは間違いないでしょう。

 デキが戻っていれば、好勝負する可能性はありますが、今回に関しては不安要素のほうが大きいですね。

 一方、同期でしのぎを削ってきたリアルスティールは、前走の毎日王冠(10月8日/東京・芝1800m)で快勝し、鮮やかな復活劇を見せてくれました。ムラな面があるのは否めませんが、昨年の天皇賞・秋(2着)と同様、いかにも東京コースで結果を出せるような、好内容の競馬でしたね。

 今回は鞍上が替わって、短期免許を取得して今週末から日本で騎乗するヴァンサン・シュミノー騎手が手綱を取ります。毎日王冠で鞍上を務めたミルコ・デムーロ騎手と比べれば、さすがに日本競馬への慣れや経験は不足しています。それでも、シュミノー騎手はフランスの若手有望株ですから、さほど問題はないでしょう。リアルスティールからは、今年もいい競馬を見せてくれそうな雰囲気が感じられます。

 そのリアルスティールの前走の鞍上だったミルコ・デムーロ騎手は今回、サトノクラウンの手綱を取ります。

 2歳の頃から秘めた素質、能力の高さを随所に示していたサトノクラウン。この馬もまたムラがあって、その能力を存分に発揮するときと、そうでないときとで差がありました。しかし、昨年末の香港で名手ジョアン・モレイラ騎手が手綱を取ってから、何か安定感が増した気がします。

 それまで走らなかった競走馬でも、巧いジョッキーが跨ることによって何かしらのスイッチが入って、そこから結果を出し始めることが実際にあります。モレイラ騎手は、そういうスイッチの入れ方を知っているのだと思います。

 サトノクラウンの他にも、アルバートやイッテツといった馬が、モレイラ騎手を背にして勝利を挙げたあと、いずれも現在ではオープンクラスで活躍するまでになりました。今春、ドバイでGI勝利を挙げたヴィブロスも、鞍上はモレイラ騎手でした。もしかすると、さらなる上昇のスイッチが入った可能性はありますね。

 少々話が逸(そ)れてしまいましたが、サトノクラウンは天皇賞・秋では2年連続で大敗を喫しています(2015年=17着、2016年=14着)。しかし今年は、過去2年とは状態も、状況も違うと思います。楽しみな1頭です。

 サトノクラウンと同じオーナーのサトノアラジンも、今年は安田記念を制して、前走の毎日王冠でも2着と好走。ひと皮むけた印象があり、素質馬が6歳になってようやく開花した感じがします。今は、折り合いもついて、終いはきっちり伸びてきます。前々走、前走からはさらに距離が延びますが、気性的にも大人になった今なら、心配はいらないでしょう。

 道中、そして直線に入ってからも不利がなければ、メンバー最速の上がりを繰り出すのはこの馬だと思います。安田記念に続いて、再び豪快な差し切り勝ちが見られるかもしれませんよ。


前走で復調へのきっかけをつかんだ感があるマカヒキ

 さて、このレースの「ヒモ穴馬」ですが、4歳世代のダービー馬、マカヒキを取り上げたいと思います。

 近年では「最強レベル」と称されたこの世代。このマカヒキに、皐月賞馬のディーマジェスティ、菊花賞馬のサトノダイヤモンドと、まさに屈指の「3強」でした。しかし、この3頭とも今年はGI勝ちがありません。いろいろと理由はあると思うのですが、クラシック三冠で見せたそれぞれのパフォーマンスから考えれば、残念と言わざるを得ません。

 それでもマカヒキに関しては、最後まで一生懸命走っていた前走の毎日王冠(6着)で復活のきっかけをつかめたと思います。それまでのレースでは、何か競馬を嫌がっているような走りを見せていましたからね、変わり身が期待できます。

 昨秋、凱旋門賞に挑戦して14着と惨敗を喫したマカヒキ。以来、復調するまでにかなりの時間を要してきましたが、3歳時に海外遠征をするということは、それだけ大変なことなのでしょう。

「最強レベル」と言われた世代のダービーゆえ、万全であれば、アッと言わせてもおかしくありません。面白い存在だと思います。

大西直宏オフィシャルブログ>

大西直宏公式LINE@始めました。
元騎手の視点で馬券のヒントになる情報をお届け!
友だち追加で「@0024n」を検索!
下のQRコードを読み取って頂くことでも見られます。

■競馬 記事一覧>>