提供:リアルライブ

写真拡大

【今週デビューの注目馬】

☆レッドヴェイロン

 2017年10月28日(土)京都第5R芝1800m戦に出走予定のレッドヴェイロン。馬名の由来は「冠名+人名より」。牡、鹿毛、2015年4月21日生。栗東・石坂正厩舎。父キングカメハメハ、母エリモピクシー、母父ダンシングブレーヴ。生産は安平町・ノーザンファーム、馬主は東京ホースレーシング。愛馬会法人・東京サラブレッドクラブの募集馬で総額7000万円。半兄には09年デイリー杯2歳S(GII)や11年スワンS(GII)を勝ったリディル(父アグネスタキオン)や、11年デイリー杯2歳S(GII)、12年富士S(GIII)など重賞を6勝したクラレント(父ダンスインザダーク)、15年マイラーズC(GII)、同年の関屋記念(GIII)を勝ったレッドアリオン(父アグネスタキオン)、15年京阪杯(GIII)を勝ったサトノルパン(父ディープインパクト)など、活躍馬がズラリ。これまで、母の産駒はサンデー系の種牡馬ばかりで、本馬が初めてサンデー系以外の種牡馬を付けられた産駒。サンデー系の兄たちとは違い、父キングカメハメハに似て筋肉質で上体のバランスが良く、力強い中にも柔軟性のある筋肉を持っている。皮膚は薄く、繋ぎは程良い角度、柔らかさ。距離はマイルから2000mあたりが合いそうで、長く良い脚を使うタイプだろう。なお、鞍上には武豊騎手を予定している。

☆ギャラッド

 2017年10月29日(日)東京第5R芝1800m戦に出走予定のギャラッド。馬名の由来は「彗星の名前。母名より連想」。牡、鹿毛、2015年4月30日生。美浦・田村康仁厩舎。父ディープインパクト、母ガヴィオラ、母父Cozzene。生産は安平町・ノーザンファーム、馬主はキャロットファーム。愛馬会法人・キャロットクラブの募集馬で総額7000万円。半兄にはホッコータルマエが勝った12年レパードS(GIII)で5着に入ったメテオライト(父アグネスタキオン)がいる。本馬はディープインパクト産駒らしい柔らかみのある動きをしており、その走りは重心が低く安定感がある。筋肉量はまだまだといったところだが、それでいて水準以上の動きを披露しており、完成したらどれだけの動きを見せてくれるか楽しみな一頭。なお、鞍上にはC・ルメール騎手を予定している。

※出走予定競走には、馬の体調、抽選非当選により出走しない場合があります。

<プロフィール>
ハッシー
山梨県出身。北海道・浦河にある生産牧場での牧童経験を活かし、馬の適性を見極める。特技は寝わら上げ。本サイト毎週火曜掲載の「ハッシーの地方競馬セレクション」、土曜掲載の「ハッシーのロックオン〜狙ったレースは逃さない!〜」も担当している。