『blank13』 ©2017「blank13」製作委員会

写真拡大

齊藤工監督の映画『blank13』の予告編が公開された。

【動画と画像を見る(2枚)】

予告編では、高橋一生演じる主人公・コウジが、リリー・フランキー演じる父親と病院で13年ぶりに再会するシーンや、松岡茉優演じるコウジの恋人、神野三鈴演じる母親、斎藤工演じる兄が喪服に身を包んでいる様子などが確認できるほか、佐藤二朗、伊藤沙莉、村上淳らが演じるキャラクターが父親の葬儀に集っている様が映し出されている。予告編のナレーションは板谷由夏が担当している。あわせて同作が2月3日からシネマート新宿で公開されたのち、2月24日から全国公開されることも明らかになった。

『blank13』は、俳優・斎藤工の別名義「齊藤工」の長編監督デビュー作。13年前に失踪し、余命3か月の状態で見つかった父親の葬儀を舞台に、息子のコウジが、参列者の語る父のエピソードから13年間の空白にあった父親の真実を知っていくというあらすじだ。物語は放送作家・はしもとこうじの実話をもとにしている。音楽は金子ノブアキ(RIZE)、スチール撮影はレスリー・キーが担当。製作には福山雅治も名を連ねている。