展覧会「ミャオ族の刺繍と暮らし展」中国の山岳に住む人々の美しい民族衣装と生活

写真拡大

展覧会「ミャオ族の刺繍と暮らし展」が、2017年11月11日(土)から12月10日(日)まで、東京・三軒茶屋にある生活工房にて開催される。入場は無料。

ミャオ族(苗族)は、中国西南部の貴州省に多く暮らす民族。山々に囲まれた土地につくった棚田で、稲作を中心にして暮らしている。ミャオ族は美しい民族衣装が知られており、糸を紡いだり、織ったり、染めたり、繊細な刺繍を施したりと、農耕の合間を縫って衣装を制作し、その技術を母から娘へと伝え継いできた。

隙間がないほど念入りに施される刺繍は、世界的にもこれほど細かく施す民族はいないと評されるほど。そのモチーフには意味があり、例えば蝶はミャオ族の始祖、龍は五穀豊穣の象徴、唐辛子の花は子だくさんと、文字を持たない民族の信仰や精神性を伝えるための役割も担っている。

「ミャオ族の刺繍と暮らし展」には、愛知県・苗族刺繍博物館収蔵の1000点を超える貴重なミャオ族の資料のなかから、約60点の衣装を展示するほか、現地の様子を捉えた映像資料も公開する。子どものための衣装を紹介する「ミャオ族の子どもの世界」と、「ミャオ族の1年と民族衣装」の2つが主なテーマだ。

精巧な刺繍はもちろん、藍染めやろうけつ染め、卵白を用いてピカピカにした布など、バリエーション豊かな方法で作られた鮮やかな布地も見所。また、トークイベントやワークショップといった関連イベントも企画されている。

なお、本展は、暮らしとデザインをテーマに、私たちの日常を見つめ直すための企画を展開する「公益財団法人せたがや文化財団 生活工房」が、世界の山岳地に住む人々の暮らしを紹介するプログラム「クライム・エブリ・マウンテン」の第1弾として開催される。

【詳細】
クライム・エブリ・マウンテン vol.1「ミャオ族の刺繍と暮らし展」
会期:2017年11月11日(土)〜12月10日(日)
時間:11:00〜19:00
休み:月曜日
会場:生活工房ギャラリー/ワークショップルームB
住所:東京都世田谷区太子堂4-1-1 キャロットタワー3・4階
アクセス:東急田園都市線・世田谷線「三軒茶屋」駅
料金:無料 ※関連イベントは有料
TEL:03-5432-1543


[写真付きで読む]展覧会「ミャオ族の刺繍と暮らし展」中国の山岳に住む人々の美しい民族衣装と生活

外部サイト

  • 秋元梢と巡る”アートの街”清澄白河、まちぐるみプロジェクト「MOTサテライト」でお気に入りアート探し
  • 「Aoyama Sake Flea」青山 国連大学中庭で、全国31蔵元100種以上の日本酒を飲み比べ
  • アートアクアリウム城〜京都・金魚の舞〜二条城にて、花魁モチーフの絢爛なアートを地酒片手に城の庭で