今田耕司、吉本興業のある噂に言及

写真拡大

22日に放送されたインターネットテレビ局ABEMATVの『日曜The NIGHT〜アキコとオサムの日曜夜中に男サダメ〜』に今田耕司が出演し、自身が所属する事務所に関して話した。

【写真】今田耕司、舞台でベッキーと共演

番組内では吉本興業が創業100年以上になることに触れ、今田が「100年かけないと、口約束なんてシステム無理ですからね事務所で」と、吉本興業には契約書が存在せず口約束だけで所属するのだと明かした。

今田は「都市伝説ちゃいますよ」と、冗談ではなく本当に契約書がないのだと話しながら「都市伝説は、その中の何人かだけ契約してるっていう」と、中には契約書を交わしている所属タレントもいるのではという噂をあげた。

これにMCの東村アキコが「コマーシャルとかさ、書籍出したりとか」と、テレビのギャラ以外の取り分はと聞くと、吉本所属芸人である森三中大島美幸を妻に持つ鈴木おさむが自身の経験を振り返った。

鈴木は「書籍は元がバレてるんで、CMって契約金ってわからない」と、書籍は一般的に10%と知られているが、コマーシャルの取り分は企業によってい違うのでわからないと話しながら「(CMの)契約の中に、お互いのギャラを言っちゃダメみたいなのが」「そのくらい吉本ではブラックボックス」と、事務所が違う夫婦ならではの契約が記載されていたと告白した。

事務所独自の契約に関しては、欅坂46の小池美波がグループの恋愛禁止について話していたことがある。小池は「なんか規則みたいな紙をもらって。そこに恋愛禁止、みたいな」とルールが書面で取り決めていることを説明し、共演者を驚かせていたことがあった。