厳選! 2歳馬情報局(2017年版)
第22回:プリメラビスタ

 日本競馬の歴史を振り返れば、今なおファンの心に刻まれている、優秀な兄弟や姉妹がたくさんいる。

 GI3勝の兄ビワハヤヒデと、1994年の三冠(皐月賞、ダービー、菊花賞)を含めてGI4勝を挙げた弟ナリタブライアンは、その象徴だろう。また、GI3勝の兄ドリームジャーニーと、2011年の三冠馬でGI通算6勝を飾った弟オルフェーヴルも、競馬史に残る屈指の兄弟である。

 同じ母からGIをいくつも勝つような名馬が複数生まれるケースは、決して多くはない。しかし、そうした”奇跡”は確かに起こっているのだ。

 そして今年も、数々のGIの勲章を手にした兄姉に続いて、大舞台での活躍が期待される2歳馬がいる。栗東トレセン(滋賀県)の池添学厩舎に所属するプリメラビスタ(牝2歳/父オルフェーヴル)である。


名繁殖牝馬ビワハイジの子、プリメラビスタへの期待は大きい

 母ビワハイジは、1995年のGI阪神3歳牝馬S(阪神・芝1600m。※現・阪神ジュベナイルフィリーズの前身)を制したGI馬だが、彼女がその能力をいかんなく発揮したのは引退後だった。繁殖牝馬となってから、多くの素質馬を生み出して、輝かしい功績を刻んできている。

 その筆頭が、2006年に生んだブエナビスタ(牝/父スペシャルウィーク)だ。生涯にGIタイトルを6つも獲得。その中には、天皇賞・秋(東京・芝2000m)、ジャパンカップ(東京・芝2400m)と、牡馬一線級を下して手にした勲章もある。まさに競馬史に名を残す名牝の1頭だ。

 ビワハイジは他にも、阪神JFで母娘、姉妹制覇を遂げたジョワドヴィーヴル(牝/父ディープインパクト)に、アドマイヤジャパン(牡/父サンデーサイレンス)、アドマイヤオーラ(牡/父アグネスタキオン)、トーセンレーヴ(牡/父ディープインパクト)など、何頭もの重賞馬を世に送り出してきた。

 これら、立派な姉や兄を持つプリメラビスタ。まもなく訪れるデビュー戦に向けて、すでにトレセンで調教を積み重ねているが、間近で接しているスタッフはどんな感触を持っているのか。関西競馬専門誌のトラックマンがその様子を伝える。

「スタッフからは、『素質は感じる』というコメントが聞かれます。気性的にはやんちゃな面があるようですが、『走りに対しては前向き』とのこと。速い時計を出し始めた頃には、『すぐに仕上がりそうなタイプ』とまずまずの手応えを感じているようでした」

 目標としている初陣は、10月28日の2歳新馬(京都・芝1800m)。現状は、そこに向けて順調に仕上がっているという。

 ちなみに、10月9日の2歳新馬(京都・芝1600m)では、プリメラビスタの偉大なる姉、ブエナビスタの子であるソシアルクラブがデビュー勝ちを決めた。同馬も、プリメラビスタと同じ池添厩舎の管理馬。先述のトラックマンが、そのソシアルクラブと比較しながら、プリメラビスタに対する見解をこう語った。

「調教の過程や陣営の感触は、ソシアルクラブにすごく似ています。そういう意味では、プリメラビスタも初戦からかなり期待できます。この一族が持っている勝負強さ、実戦に行っての強さがあるのかもしれませんね。これまでの調教で『基礎体力をしっかりつけられた』とスタッフは話していますし、レースでは調教以上のパフォーマンスを見せる可能性が高いです」

 レースでこそ、力を発揮するタイプが多い”ビワハイジ一族”。そして、その血はプリメラビスタにも受け継がれている。 デビュー戦から高いパフォーマンスを発揮して、近い将来、ブエナビスタとともに「最強の姉妹」と競馬史に刻まれるような活躍を見せてくれることを期待したい。

■競馬 記事一覧>>