ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 3歳「牡馬三冠」の最終戦、菊花賞(京都・芝3000m)が10月22日に行なわれます。

 かなり昔から、それこそ僕がジョッキーになった頃も、皐月賞(中山・芝2000m)は「速い馬」、ダービー(東京・芝2400m)は「運のいい馬」、菊花賞は「強い馬」が勝つと言われ、今なおそう言われ続けています。事実、現在の近代競馬でもその傾向は残っているように思います。

 昨年も、菊花賞前に「速い馬はディーマジェスティ、運のある馬はマカヒキといった印象で、強い馬というイメージがあるのはサトノダイヤモンド」(※2016年10月22日配信『「2強で堅い」菊花賞。3連単のヒモ穴なら、堀厩舎のウムブルフ』)と記させていただきましたが、そのとおりの結末になりました。

 そして、その昨年の勝ち馬サトノダイヤモンド、一昨年の覇者キタサンブラックと、「強い馬が勝つ」と言われる菊花賞を制した馬は、のちに日本を代表する名馬となっていきました。それ以前にも、エピファネイア(2013年)、ゴールドシップ(2012年)、オルフェーヴル(2011年)など、菊花賞馬はその後もビッグレースで活躍。数々のGIタイトルを手にした名馬ばかりです。

 逆にダービー馬でそれ以降のGIを勝ったことのある馬は、2011年のオルフェーヴルまで遡(さかのぼ)らなければいけません。そう思うと、やはりダービーは”運”がモノを言うレースなのでしょう。

 皐月賞馬は、ロゴタイプなど、その後も結果を出している馬はいますが、「速い馬」と言われるとおり、マイラーっぽい馬が多い印象があります。ディーマジェスティも、今後はマイル路線を歩んでいくかもしれませんね。

 では、今年はどうか?

 皐月賞馬アルアインは、やはり「速い」イメージがあります。現にマイル戦で2勝しています。血統的にも、母親は短距離指向が強いようです。

 とはいえ、アルアインには過去に皐月賞と菊花賞の二冠を制した「強い馬」に近いイメージもあります。何か血の枠を超えた身体能力を秘めていそうな雰囲気を、皐月賞の勝ち方からも感じました。もしここも勝つようなら今後、スターホースになっていくのではないでしょうか。

 ダービー馬レイデオロは、菊花賞には出走してきませんでした。ということは、同馬は「強い馬」ではないのか? というと、そんなことはないと思います。先に「最近のダービー馬からはのちのGI馬が出ていない」とも記しましたが、今年はそれも当てはまらないと思っています。

 なぜなら、レイデオロがこの世代ではナンバー1の存在だと思うからです。菊花賞に出走していれば、おそらく勝っていたのではないでしょうか。

 ただし、菊花賞を勝つような競馬をすると、その後に反動が出ることが多いのは確かです。そこで陣営としては、まだまだ完成していないレイデオロの成長を妨げることのないよう、ゆったりと間隔を取って、無理しないレース選択をしているのだと思います。

 そう、要するに陣営や関係者など、レイデオロに対する周囲の期待はそれだけ大きいのでしょう。この秋はもちろん、来年も本当に楽しみな馬です。

 さて、そのレイデオロは、休み明けで菊花賞の前哨戦となる神戸新聞杯(9月24日/阪神・芝2400m)を楽勝しました。このレースで、同馬に唯一「迫れる可能性がある」と思っていたのは、キセキでした。

 結果は2着でしたが、神戸新聞杯は本番ではなく、あくまでトライアル。実際に、同レースでは勝ったレイデオロを負かしにいくのではなく、菊花賞を見据えた”試走”をしているように見えました。

 もしGIの舞台だったら、もっと本気でレイデオロを負かしにいっているはずです。そうであったなら、また違う結果になっていたかもしれませんよ。それぐらい、キセキには可能性を感じています。

 菊花賞はもちろんのこと、来年を見据えた場合、アルアインも、キセキも、本当に楽しみな存在です。

 他にも、セントライト記念を圧勝したミッキースワローや、同3着のサトノクロニクル、神戸新聞杯3着のサトノアーサーなど、有力馬がそろっていますが、今回の「ヒモ穴馬」には、夏の札幌最終週の1000万条件・日高特別(9月2日/札幌・芝2000m)を勝って、そこから直行してくるトリコロールブルーを取り上げたいと思います。


トリコロールブルーが菊花賞で波乱を起こすか

 デビューから3戦、一貫して2000m戦を使われてきたように、陣営がこの馬でクラシックを意識していたことは容易に想像がつきます。しかし、2勝目を挙げたあと、スプリングS(5着。3月19日/中山・芝1800m)、青葉賞(7着。4月29日/東京・芝2400m)と、体を減らし続けて結果を残せませんでした。おそらく、気性的に少しカリカリしている(※走ることに前向きすぎるイメージ)ほうで、短いレース間隔ではスイッチを切ること(※人で言うオフモード)ができなかったのでしょう。

 今回、札幌戦のあとにトライアルを使わなかったのも、そんな春と同じような状況に陥りたくなかったからではないでしょうか。 

 9月初めの時点で、1000万条件を勝っただけで菊花賞に出走できるかどうかは微妙なところ。例年の傾向からすると、どちらに転んでもおかしくなく、抽選対象となる可能性も多分にありました。そのリスクを負ってでも、直行することを選択したのは、裏を返せば、それだけここで勝ち負けできる手応えを感じているからだと思います。

 その証拠に、この馬で勝ち星を挙げ、現在リーディングジョッキーの戸崎圭太騎手を鞍上に確保。勝負気配がひしひしと伝わってきます。

 ダービー馬不在。GI馬はただ1頭。他に重賞勝ち馬も2頭だけ。今年のメンバーなら、トリコロールブルーにもチャンスは十分にあるのではないでしょうか。

大西直宏オフィシャルブログ>

大西直宏公式LINE@始めました。
元騎手の視点で馬券のヒントになる情報をお届け!
友だち追加で「@0024n」を検索!
下のQRコードを読み取って頂くことでも見られます。

■競馬 記事一覧>>