雨のパレードと『漫画みたいにいかない。』キャスト

写真拡大

連続ドラマ『漫画みたいにいかない。』のエンディング主題歌が発表。あわせて劇中音楽を担当するアーティストも発表された。

【動画と画像を見る(3枚)】

10月31日からHuluで配信される『漫画みたいにいかない。』は、『ゴッドタン』などのバラエティー番組や、テレビドラマ『素敵な選TAXI』『住住』の脚本を手掛けるオークラの初監督作。

エンディング主題歌となるのは、雨のパレードの書き下ろし新曲“What's your name?”。劇伴をトクマルシューゴが担当する。雨のパレードは楽曲制作にあたって収録現場を訪れたという。トクマルシューゴの起用は、以前からトクマルのファンだったオークラ監督が熱望したことから実現したとのこと。

『漫画みたいにいかない。』は時代遅れの売れない漫画家とその周りの人々を描いたシチュエーションコメディー。中年漫画家・戸塚オサム役を角田晃広(東京03)が演じるほか、飯塚悟志(東京03)、豊本明長(東京03)、山下健二郎(三代目J Soul Brothers)、山本舞香、高岡早紀、白洲迅、玉井詩織(ももいろクローバーZ)がキャストに名を連ねている。

■雨のパレードのコメント
(収録現場に訪れて)音楽の現場とは全然違くて、こんなにも何回も違うカットを撮り直しているのかと驚きました。長回しの時の収録に立ち合わせてもらったのですが、みなさんあれだけのセリフ量をよく覚えられるなと感動しました。
テイクによって、言い回しとかタイミング(間)が違うので、このテイクいいなと思うところをハメていく作業とか大変だろうなと思いました。
東京03の皆さんは、イメージ通りの方々でした(笑)優しくて、気をつかって声をかけてくれたりして嬉しかったです。
撮影現場を見学させていただいたおかげで、今回の楽曲制作に活かせました。ドラマが一番よく見えるように全力で曲を書きました。
『漫画みたいにいかない。』ストーリーとドラマの「ポップ感」を意識して作った、僕たち雨のパレードの新しい表情を見てもらえる楽曲になったと思っています。是非楽しみにしてほしいです。

■トクマルシューゴのコメント
とにかく面白いので、これ音楽いらないなー、でも、ちょっと試しにここにこんな音楽をつけてみたら、どうだろう、こうだろう、と作った音楽を映像にあててみてはニヤニヤしながら、必要以上に音楽を多く作ってしまって、まぁ普通だったらここは音楽いらないけど、あっても良いでしょ、うんうん、いやぁ漫画みたいに音楽がどんどん出来上がっていくなー、でも漫画だったら、もっとこう苦労したり紆余曲折あったりして、最後に突然“降って”きたりするもんじゃないのか?あー、なんか降ってこないかなー…、と一生懸命作りました!