浦沢直樹が「ルーヴル美術館」とコラボ!20日から新連載『夢印-MUJIRUSHI-』がスタート

ビッグコミックオリジナル(小学館)の10月20日(金)発売号で、ついに浦沢直樹氏の新連載『夢印-MUJIRUSHI-』がスタートした。

毎月5日と20日の2回発売で、毎号の掲載が予定されている。さらにこの『夢印-MUJIRUSHI-』、なんとあの「ルーヴル美術館」との共同プロジェクトなのだ。

ルーヴル美術館のあるフランスでは、漫画は現代アートの一種とみなされ、「第9の芸術」(※)と位置づけられるほど。


(※)フランスにおける芸術の序列。
第1から8までは順に「建築」「彫刻」「絵画」「音楽」「文学(詩)」「演劇」「映画」「メディア芸術」とされる(諸説あり)

そのような背景もあり、コミックという表現を通じてルーヴルの魅力を広く伝えるプロジェクトが始動したそうだ。

フランス国内外から選出されたアーティストが、それぞれの個性を活かしながら「ルーヴル美術館」をテーマに作品を描く――。

これまでに、ビッグコミックオリジナルでは谷口ジロー氏の『千年の翼、百年の夢』、松本大洋氏の『ルーヴルの猫』が連載されてきた。他誌も含めて、同プロジェクトに参加した漫画家は大御所揃い。

いったい浦沢氏が描くのは、どのような作品だろうか?

気になる作品の内容のヒントとしてWeb上にアップされているのは、謎めいたプロモーションムービー。地下道を走る男性、扉を開ける少女と男性、そして烏。これらはいったい何を示しているのだろうか。

浦沢氏のビッグコミックオリジナルでの連載は、『MASTERキートンReマスター』(ストーリー/長崎尚志)以来となる。フランス、そして日本でも話題必至の作品。要注目だ。

・ビッグコミックオリジナル
(ソーシャルトレンドニュース)

[PR企画:小学館 × ライブドアニュース]