3歳牡馬クラシック「三冠」の最終戦、GI菊花賞(京都・芝3000m)が10月22日に行なわれる。

 過去10年で、春のクラシック二冠(皐月賞、日本ダービー)に出走していない馬が4頭も勝っている菊花賞。いわゆる「遅れてきた大物」が台頭する理由は、どの馬にとっても未知の距離となる3000m戦が舞台であること、ひと夏越して一気に頭角を現す馬の成長力は計り知れないものがあるからだろう。

 そして、今年の菊花賞もその傾向にハマりそうだ。

 というのも、まずGI日本ダービー(5月28日/東京・芝2400m)の覇者レイデオロが菊花賞をスキップしてGIジャパンカップ(11月26日/東京・芝2400m)へ、同2着のスワーヴリチャードもGIIアルゼンチン共和国杯(東京・芝2500m)へと向かい、同3着のアドミラブルも故障し、世代の”トップ3”が不在だからだ。

 さらに、GI皐月賞(4月16日/中山・芝2000m)を勝ったアルアイン(父ディープインパクト)、同3着のダンビュライト(父ルーラーシップ)は菊花賞に向かうものの、ともに本質的にはマイルから中距離タイプと見られ、3000mという距離が不安視されていることもある。

 それらに代わって、今年の主役候補として注目されているのは、ミッキースワロー(父トーセンホマレボシ)だ。ステップレースのひとつであるGIIセントライト記念(9月18日/中山・芝2200m)では、アルアインを並ぶ間もなく差し切って快勝。まさしく「遅れてきた大物」として、本番の菊花賞でも勝ち負けが期待されている。



セントライト記念を快勝したミッキースワロー

 はたして、このミッキースワローの強さは本物か。

「いやぁ〜、この馬ははっきり言って”本物”ですよ。潜在能力は世代ではかなり上位と言っていいでしょう」

 デイリー馬三郎の木村拓人記者は、そう太鼓判を押す。ただ、「ただし……」と、自らの評価にも、世間一般的な評判にも、いくつか注釈をつける必要があるという。

「セントライト記念は圧巻のレースぶりでしたが、アルアインをはじめ、春のクラシック組は3カ月以上の休み明け。ミッキースワローもおよそ2カ月ぶりの競馬だったとはいえ、その差は多少あったと思います。

 また、菊花賞に関しては、3000mという距離が必ずしもベストとは言えません。もちろん、適性がないというわけではなく、こなせる範囲だと思います。他に距離適性が高い馬が見当たらない今年のメンバーなら、十分に勝負になるでしょう。イコールではありませんが、2008年の菊花賞を制したオウケンブルースリに適性は近いと思うので、同様の結果を出してもおかしくありません。

 あと、この馬は決して”晩成”というわけではありません。確かに春のクラシックには出走できませんでしたが、春の時点ですでに素質の片鱗は見せていました。デビュー戦を除けば、GII京都新聞杯(5着。5月6日/京都・芝2200m)も、前々走の1000万条件・いわき特別(3着。7月22日/福島・芝1800m)も、勝てていたレースです。ですから、『遅れてきた大物』というのは当てはまらないでしょうね」

 ミッキースワローの戦績は、これまで6戦3勝。セントライト記念で横山典弘騎手に乗り替わるまでは、菊沢一樹騎手が手綱を取っていた。

 年明けの3歳になってからデビューし、2月の新馬戦では出遅れて5着に敗れた。しかしその後、1カ月後の未勝利戦を後方一気の競馬で制すると、中1週で500万条件のひめさゆり賞(4月8日/福島・芝2000m)に臨み、再び強烈な末脚を繰り出して完勝した。

 そうして、ダービー出走をかけて京都新聞杯に挑んだが、惜しくも5着に敗れた。勝ったプラチナムバレットから、コンマ1秒差。確かに仕掛けどころによっては、結果が変わっていたかもしれないレースぶりだった。

 それから、約2カ月半の休養を経て臨んだいわき特別も、木村記者が話すとおり、ちょっとしたことで結果は違っていただろう。木村記者が言う。

「(いわき特別は)小回りの福島で、4コーナーまで最後方を追走。最後も大外を回りながら、直線だけでタイム差なしの3着まで突っ込んできました。前半からもう少し流れに乗っていれば、軽く突き抜けることができたでしょうね。

 とはいえ、伸びのある走りはかなり際立っています。切れ味寄りの父の父であるディープインパクトの直仔よりも、菊花賞の適性ということでは向いているのではないでしょうか」

 木村記者から「直仔より……」という話が出たので、ミッキースワローの血統背景も見てみたい。

 父トーセンホマレボシはディープインパクト産駒。脚部不安のため、日本ダービー出走後に引退してやや地味な存在に映るが、その日本ダービーで3着と好走したように潜在能力は高かった。

 また、トーセンホマレボシの半兄はGI天皇賞・秋を制したトーセンジョーダン。甥にあたるトーセンスターダムは、オーストラリアに移籍してつい先日、同地のGIを制している。隠れた良血であり、大一番に強い血統である。

 父系に限らず、母方の血筋も悪くない。祖母のツィンクルブライドは、GI桜花賞に出走して12番人気で2着と奮闘。叔父のペールギュントも、GI高松宮記念において13番人気で2着と”ここ一番”で強さを発揮した。

 レースの勝ちっぷりだけでなく、その血統もひと筋通っているミッキースワロー。やはり、菊花賞で中心視されてもおかしくない存在である。

 その実力は確か。血統的な裏付けもある。では、菊花賞でのレースプランはどうなのか。そこに勝機は見出せるのか。木村記者が再び語る。

「セントライト記念では、福島(いわき特別)での敗戦を踏まえてか、横山典騎手は中団につけて勝利につなげました。位置取りに対して無理することもなく、そこは菊沢騎手には申し訳ないですけど、騎手の腕の差が出た、という印象が強いです。しかも、人気馬をがっちりマークして、折り合いを欠くこともありませんでした。

 菊花賞でも同じようなレースプランになるでしょう。長丁場のため、ペースが落ち着く今回は、追走ももっと楽になると思います。陣営は勝ち負けを期待しているはずです」 鞍上がベテランの名手・横山典騎手に替わって、もはや春から夏先に見せた取りこぼしもなさそうだ。大一番で比類なき強さを見せるジョッキーが、大一番で強い”血”の能力を存分に引き出すのか、注目である。

■競馬 記事一覧>>