横綱としての責任を果たした日馬富士(写真:共同通信社)

写真拡大

 相撲ブームが沸騰している。「謎のスー女」こと相撲女子の尾崎しのぶ氏が、相撲コラムを週刊ポストで執筆中。今回は、一人横綱となった九月場所で見事に優勝した日馬富士について尾崎氏が綴る。

 * * *
 銀座・日動画廊に日馬富士の絵画展を見に行った。山の絵が多かった。夜半の深い青だったり、日の出の瞬間の赤だったり。九月の日馬富士の心は何色だったのだろう。

 猛烈な相撲人気の中心である稀勢の里が怪我に倒れ、白鵬が復活した五月、七月場所について八角理事長は「四人いても実質は一人横綱」と発言した。日馬富士は十一勝していて、横綱としての責任は果たしているのではないか。

 八角理事長はひどいことを言うものだな、と思ったが、優勝した白鵬を評価するのは仕方ないのか、とも思った。その「一人横綱」のタスキが九月場所、白鵬の休場により日馬富士の胴体に飛んできて仰天してしまった。

 七月場所の宇良戦。日馬富士は低い立ち合いから突き放そうとしたのだが、さらに低く立った宇良に右腕を手繰られ敗れた。鋭さと低さ、二つの点で完全に株を奪われてしまった。しかし、若手の挑戦から逃げることなく堂々と受けて立った日馬富士は立派だと思った。気高く潔く、美学が見える。やはり「内容はさておき勝つ事が大事」という横綱の方がいいとは思えない。

 入門して間もないころ、安治川部屋のみんなで海に行った。そこで安馬(現日馬富士)は溺れかけたのだそうだ。周囲からの「泳げないんだったら無理するな」との声を無視しまた海に入り溺れかけ、を繰り返したという。

 あくまで「泳げる」と言い張っていた安馬。モンゴルに海はない。川ではパチャパチャ水遊びをする程度で泳ぐ機会がない環境(各学校どころか高級ホテルにすらプールはほとんどない)で育った彼なのに、出来ない、と認めることがいやだったのだろう。その強がりは、今の日馬富士を形成していると私は思うのだ。

 四横綱で最年長の三十三歳。右目の周りの骨が砕けたかけらが今も鼻の横に残っている。両足と両肘、特に左肘は夏に手術をする案もあったが復帰に一年はかかるようでは、とそのままになっている。

 満身創痍の小さな体を支えるのは気持ちだけ。「体調は悪くない。いい緊張感で楽しみ」と語りスタートした九月場所だったが、三日目から三日連続の金星配給。こらえようとする日馬富士だが、まるで重力がかかっていないように若手に振り回される。

 やばいぞ、普通なら休むのでは、と私は思ったが、大関以上七人のうち二人しかいなくなっている状況で休場という選択肢を持っていない日馬富士は「何もないよ。下がる場所もない、逃げる場所もないから。前を向いてぶっ飛ばすしかない」と語った。不安定さに気付かないふり、自分をだまして日々を過ごしているように見えた。

 しかし一敗で独走していた豪栄道が十二、十三日目と連敗し星の差が一つに縮まった時、日馬富士のハートに火が点いた。この場所をまとめられるのは自分しかいない、と言わんばかりに瞳を輝かせ、絶好調で八連勝中の嘉風にまったく相撲を取らせない電車道。うなってしまう。私は日馬富士をなめていた。日馬富士らしさが胸に突き刺さる。

 豪栄道が勝てば優勝が決まる千秋楽本割。前まわしを強烈に引きつけた。決定戦、立ち合いの日馬富士のなんという低さ。豪栄道のデコルテにぶちあたってそのまま走った。

 場所の最中、こんなしょぼい場所なら金返せ、という声を聞いた。どうせつまらないと二〇一七年九月場所を見過ごした方々は、もったいないことをした。まさかのカド番豪栄道独走、そして「十一日終了時点で三差から」と「四つの金星を配給していながら」という二つの点で史上初の逆転優勝。通路に日馬富士にとっての前みつ相撲の師匠、元安壮富士の杉野森清寿氏の姿が見え、それも私にはうれしかった。

 千秋楽翌日、もうドキドキしないでいいのに胸の痛みが治まらず病院に診てもらったところ、肺炎との診断。食事を摂っていないだろうとも指摘された。日馬富士にしびれたせいで肺炎にかかったのならば本望だ。

※週刊ポスト2017年10月27日号