厳選! 2歳馬情報局(2017年版)
第21回:マルケッサ

 去る10月1日、「世界最高峰のレース」とも言われるGI凱旋門賞(フランス・芝2400m)が開催され、日本からはGI2勝のサトノダイヤモンド(牡4歳)が挑戦した(同馬の帯同馬としてサトノノブレスも出走)。

 サトノダイヤモンドは、前哨戦となる9月のGIIフォワ賞(フランス・芝2400m)にも出走。欧州特有の重い馬場に苦しんで、まさかの4着に敗れた。そして、巻き返しが期待された本番でも、やはり同様の馬場に脚をとられて、15着という大敗を喫した。

 目を疑うような惨敗だった。関係者に限らず、日本のファンにとっても、非常にショッキングな結果だった。ただ逆に言えば、あそこまでの大敗が想像できないほど、サトノダイヤモンドは国内では強かったのだ。

 昨年の3歳クラシックでは、GI皐月賞(中山・芝2000m)で3着、GI日本ダービー(東京・芝2400m)ではハナ差の2着と苦汁をなめたが、秋にはGI菊花賞(京都・芝3000m)を制覇。待望のクラシックタイトルを獲得した。

 さらに、年末のGI有馬記念(中山・芝2500m)では、「現役最強馬」と称される1歳上のキタサンブラックを撃破。GI連勝を飾って、日本競馬界の頂点に君臨するような存在となった。

 国内の戦績は、10戦7勝、2着1回、3着2回。それだけ安定した成績を残していたからこそ、フランスでの惨敗は予期できなかった結果と言えよう。

 とはいえ、まだ4歳。これからも活躍が見込める1頭だ。

 そして今年、その妹がデビューを控えている。マルケッサ(牝2歳/父オルフェーヴル)である。


サトノダイヤモンドの半妹マルケッサ

 兄と同じ池江泰寿厩舎(栗東トレセン/滋賀県)に所属する同馬。スタッフはどんな感触を得ているのか、関西競馬専門紙のトラックマンがその仔細を伝える。

「背中の感触はよくて、歩いているときの雰囲気はいいようです。ただ正直なところ、まだ走ることには気持ちが向いていない様子。スタッフが言うには『モタモタする』とのことです。体の使い方もちょっと物足りないと話していました。これからどこまで良化できるかがポイントでしょう」

 また、兄との比較について、スタッフによれば「あまり似ていない」という。先述のトラックマンが続ける。

「兄とはタイプがかなり違うようで、『あまり似ているところはないかな……』とスタッフは話していました。兄は父がディープインパクトで、こちらは(父が)オルフェーヴルですからね。ディープの柔らかい乗り味とはちょっと違うようです」

 無論、兄と似ていないからといって、走らないわけではない。父が変わったことで、兄とは違うよさが出て、兄にも劣らぬ活躍を見せるかもしれない。 現在は、10月21日の2歳新馬(東京・芝1600m)でのデビューに向けて、調整を重ねているマルケッサ。”走り”に集中するようになれば、これまでのイメージを覆(くつがえ)す競馬を見せてもおかしくない。まずは、初陣でどんなレースを見せてくれるのか、楽しみにしたい。

■競馬 記事一覧>>