原口の一発退場にヘルタ監督言及 「不要だった」「もっと良い守備をしなければ…」

写真拡大

原口のレッドカードを境に流れはシャルケへ ホームで今季初黒星を喫する

 ヘルタ・ベルリンの日本代表FW原口元気は、14日に行われたブンデスリーガ第8節シャルケ戦の前半44分に、相手のオーストリア代表FWギド・ブルクシュタラーにスパイクの裏を見せる危険なタックルを見舞い、一発退場となった。

 これで流れを失ったチームは0-2と敗戦したが、パル・ダルダイ監督は試合後、原口のレッドカードを「不要だった」とし、同僚も「レッドカードが出るまでは均衡の取れた試合だった」と振り返っている。

 ハーフタイム直前、ベルリンのオリンピア・シュタディオンが騒然となった。タッチライン際の攻防でボールを失った原口は、ボールを奪い返すために猛ダッシュ。ブルクシュタラーがこぼれ球を拾い持ち出した瞬間、右足で鋭いスライディングを繰り出すと、スパイクの裏が相手の右足首に入る危険なタックルとなり、シャルケFWは絶叫しながらピッチを転がった。

 原口に駆け寄った主審は迷わずレッドカードを提示。天を仰ぎピッチに背中を向ける背番号24に対し、シャルケの選手は追い払うようなジェスチャーで危険なファウルに怒りを示した。

 この退場で試合の流れは一気にシャルケへと傾き、チームは本拠地で今季初黒星となった。ヘルタ公式サイトによれば、ダルダイ監督は「シャルケが勝利にふさわしかった。シャルケは少しフレッシュでよりダイナミックだった。頭の中もそうだ。我々は準備段階でのミスについて検討しなければいけない」と潔く負けを認めている。

「あの退場で攻撃せざるを得なくなった」

 その一方で、原口の一発退場については「あのレッドカードはもちろん不要だった。ペナルティー(PK)もそうだ。この状況ではもっと良い守備をしなければいけなかった」と話している。

 後半開始から途中出場した同僚のオーストラリア代表MFマシュー・レッキーは、「代表戦と先週数多くの試合をこなした影響で、100パーセントではなかった。監督と話をしてベンチスタートになった」とコメント。そして、「レッドカードが出るまでは均衡の取れた試合だった。あの退場で攻撃せざるを得なくなった。全力を尽くして後半はひどい試合にならないように努力した」と試合を振り返った。

 チームに大きなショックを与えた原口の一発退場と敗戦だが、ヘルタの選手たちには次戦に向けた気持ちの切り替えが求められる。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images