【ファンキー通信】カメラ付携帯で3分口座開設

写真拡大

 突然だが、新規で銀行口座を開くのって、メンド臭くないだろうか? 銀行の窓口って基本的に平日しかやってないし、営業時間は午後3時までだし。まあ、最近は午後7時くらいまで延長しているところもあるみたいだけど、それより何より、銀行まで「行く」ってこと自体がひと手間だったり・・・。

 ・・・なんて思っていると、イーバンク銀行がちょいと面白い発表をした。なんでも、携帯電話1本だけで口座を開くことができるという。1本といっても電話をかけるワケではない。専用アプリ(無料)をダウンロードして行うのだそうだ。

 イーバンク銀行といえば、最近ではネット上でサッカーくじの「toto」を買えるようにするなど、ユニークなサービスが目立ち始めている。とはいえ、「携帯電話のみで口座を開くなんてホントに大丈夫なの?」とも思うわけで、さっそく体験してみた。

 「口座かんたん開設アプリ」による口座開設のながれは以下の通り。

(1)携帯電話にアプリをダウンロード
(2)アプリを起動し、氏名、生年月日、性別などを入力
(3)自動的に携帯のカメラが起動
(4)運転免許証またはカード型健康保険証を撮影、送信する

 なるほどね、自動的にカメラが起動し、本人確認を行うのか。ここがセキュリティのポイントになっているというワケだ。

 「『デジカメで撮影した画像をメールで送るんじゃダメなの?』といったお問い合わせを頂きますが、ご遠慮させて頂いてます。画像の加工ができてしまいますから」(イーバンク銀行広報部・永島氏)

 撮影した画像を一度、携帯電話に保存するのではなく、自動的に起動したカメラで撮影した写真を、その場で送らなければいけないのが、このアプリのミソ。しかも、手順(5)として、ログインに必要なカスタマーカードを免許証に記載された住所に送るという。なるほど、考えられているのである。 以上で手続きは終了。所要時間はおよそ2〜3分といったところだろうか、あっけないほどにカンタンだ。このアプリ、やっている方はカンタンだが、実は理に適ったシステムで構築されているのであった。(文/verb)