さまざまな役を演じて…俳優の“楽しさ”を実感する

ライブドアニュースでは、昨年の春に初めて高杉さんに登場していただいて以来、およそ半年に一度のペースでお話をうかがってきて、今回が4度目になります。半年ごとだと、そこまで長く空いたという感覚はないんですが、写真を見返すと顔つきが全然違うことに驚かされます。
自分で見ても、2年前と比べるとまるで別人だなって思いますね。いや、見た目だけでなく自分の中の感覚的な部分もそうですね。
お話をうかがっていて、半年前と比べても、言葉に“自信”のようなものが強く感じられます。
いろんな方と出会って、変わり続けていて…それが自分自身でもハッキリとわかるほどなんですよね。それが面白いし、もっともっといろんな方々、作品、役柄に出会って変わり続けていきたいなって思います。
2017年は公開映画が6本。2018年は発表されているだけで、主演映画『世界でいちばん長い写真』に『プリンシパル 〜恋する私はヒロインですか?〜』、『虹色デイズ』。さらにドコモ25周年記念CMにWEBのブルボンCM『ズルイよ、甘杉くん!』シリーズなど、“ブレイク”と呼んで差し支えないこうした状況、周囲の反応の変化はどのように受け止めていますか?
そこに関しては、自分ではわからないというか、意識もしていないし、とくに変化は感じていないです。そういう状況の変化で、僕自身のやるべきことが変わるかというと、まったくそういうわけではないので。
とはいえ、次々と新しい作品、役柄で求められるようになり、休みもなかなか取れない状況で…。
不思議なんですけど、こうした状況でいろんな作品に関わらせていただく中で「あぁ、この仕事楽しいな」という感覚がより深まっていくんですよね。難しいことも大変なこともたくさんあるけど、やっていること自体はすごく楽しいです。
忙しさが増すごとに楽しさが増していく?
いろんな取材で「俳優の仕事のどこに楽しさを感じるか?」って聞かれるんですけど、自分でもよくわからないんです。理由はうまく言えないけど、ただ楽しい。現場で毎回、それに気づかされます。
精神的にもたくましさ、タフさが増しているようにも思います。
そう思えるようになったのは、わりと最近なんです。よく考えると、休みもあんまりないし(苦笑)、こんな大変なことを何でやってるんだ? って思うんですけど。終わりが見えないし、(自分の演技に)心から納得できる瞬間というのもほとんどない。でもそれがいいのかな? 自分で自分を追い込んでいくのが、決して嫌いじゃないんですよね。
21歳にして、天職と言える仕事を手にすることができているのは…。
本当にすごく恵まれていて、幸せなことだなって思います。高校生くらいの頃、“俳優”を仕事として意識し始めて「しっかりしなきゃ」という気持ちを持つようになって。でも、苦しいだけだったら続いていないと思います。楽しいと感じられるからこそ、表現できていることがあるんだなと。

5月のときに比べ、ひとり暮らしはどんな状況に?

プライベートについてもおうかがいしていきたいのですが、昨年の11月から始められたひとり暮らしの状況は?
いま、部屋がものすっごく汚いんですよ!
前回、漫画を整理するための棚などを買わないと…というお話をされていました。
本棚はね、あるんですよ。でも、まだ組み立ててなくて…。
それは「本棚がある」とは言えませんね(笑)。
そう。“木の板”が部屋にいっぱいあります(笑)。あとは段ボールの山も…。
なかなか忙しすぎて、そもそも家にいる時間も長くはないでしょうし。
時間も余裕も、なかなかないですね。少し落ち着いたら…。
そんな日が来るのがいつになるのか、見えませんが…(苦笑)。
そうなんです。ひとつ作品が終わったら、またすぐ次の作品に…という感じなので。
それだけ仕事が順調ということで、喜ばしい状況なのかもしれませんが。家には寝に帰るような感じですか?
まあ、そうですね。なのに部屋が汚くなっていく!(苦笑) 洗濯物もたまるし…って、何だかプライベートの愚痴ですね、これ。
そんな状況の中で、仕事とプライベートのオンとオフの切り替えなどはどのように?
いまは切り替え自体がないですね。あえて、そういう時間を作らないようにしています。ただ先日、『セトウツミ』の撮影の合間にちょっとした収録があったんですよ。そうしたら、あまりに内海から自分に切り替わらなさすぎて、ちょっとびっくりしました。関西弁じゃない言葉が自分の中に入ってこなくて…。
いまはそれだけ、内海になりきっているということなんですね。
ダメですね…。切り替わらないし、「切り替えたくない」という意識がどこかにあるのかな? 音楽さえほとんど聞かずに、ずっと(関西弁の)方言指導を聞くようにもしていて。そこまでやらないとできないって、自分を追い込んでいるんですよね。
では、大好きなゲームや漫画も、アニメも…。
できるだけ、遠ざけていますね、いまは。最近唯一、漫画『銀のスプーン』(講談社)の最終話まで読ませていただいたんです。
高杉さんが主演されたドラマ『明日もきっと、おいしいご飯〜銀のスプーン〜』(東海テレビ)の原作漫画ですね。
僕にとって、すごく大切な作品なんです。読んでるとやっぱり楽しいし、面白いし、それから、少し不思議な気分になりました。あのときの役柄のことやセリフ、記憶がよみがえってくるんです。

「最近は全然読めていない」けれど“漫画好き”は健在

この役に限らず、これまでに演じた役柄は、高杉さんにとってどういう存在であり、どのように距離感、関係性を保っているんですか?
基本的に、撮影が終わればなるべくすぐに、忘れるようにはしています。どうしても次の撮影が迫っていますから。だからこそ、これまで自分は切り替えが早いほうだと自覚してたんですよね。でも、それが意外とそうじゃないんだって、最近、気づかされました。
ご本人にとっては、大変で厄介なことなのかもしれませんが、『銀のスプーン』で演じた早川 律だったり、過去に演じた役柄がフッとよみがえってくるって、すごく素敵なことだなと思います。
そうですね。正直、そういうことはないだろうと思っていたから、僕自身もすごくうれしかったです。昔の役を「あぁ、もう1回演じたいな」って思えて。本当に僕にとって大事な役柄、作品ですし…あぁ、(原作が)終わっちゃうんだなって寂しさもありました。
最近、一般的にも高杉さんがアニメ、漫画が大好きということが広く認知されてきたかと思います。「おすすめは?」と質問される機会も増えたかと思いますが。
そうなんです。でも先ほども言いましたが、最近は全然読めていないので「今期の見るべきアニメ作品は?」と聞かれても、答えに困ってしまうんですよ(苦笑)。
そんな状況の中で、この質問をするのは心苦しいですが…いま、おすすめしたい漫画作品は何かありますか?
そうですね…まだ最終巻まで読めていないんですけど『スピリットサークル』(少年画報社)という作品は面白かったですね。主人公とヒロインが何度も転生を繰り返していくという物語なんですけど、ふたりはある因縁でつながっていて、鳥肌がゾクッと立つような素敵なエピソードがあって。
なるほど。
あとは『Helck』(小学館)も…。魔界を舞台に人間の勇者を主人公にした作品なんですけど、彼は人間なのに「人類は滅ぶべきだ」と考えていて…。この作品もすごく深くて、感動しましたね。
なかなか読む時間がないと言いつつ、さすがストックの量が半端じゃないですね!
いや、そりゃもう(笑)。
いまの期間で読みたい漫画、やりたいゲームなどもどんどんたまっていくでしょうし、この状況がひと段落して、落ち着いて楽しめる日が来たら…。
その日が待ち遠しいです! 『セトウツミ』が終わったら、自分はいったい、どうなってるのか…?(笑) すごく楽しみです。
高杉真宙(たかすぎ・まひろ)
1996年7月4日生まれ。福岡県出身。A型。2009年、舞台『エブリ リトル シング'09』で俳優デビュー。2013年放送の『仮面ライダー鎧武/ガイム』(テレビ朝日系)で仮面ライダー龍玄を演じ注目を集める。2015年にはドラマ『明日もきっと、おいしいご飯〜銀のスプーン〜』(東海テレビ)で昼ドラ史上男性最年少の主演を務め、2016年の『闇狩人』で舞台単独初主演。2017年は主演連続ドラマ『セトウツミ』に加え、映画では『トリガール!』、『散歩する侵略者』、『逆光の頃』など6本が公開。2018年も『プリンシパル〜恋する私はヒロインですか?〜』、主演映画『世界でいちばん長い写真』、『虹色デイズ』などの公開が控える。第9回TAMA映画賞最優秀新進男優賞を受賞。

出演作品

ドラマ25『セトウツミ』
10月13日(金) 深夜0時52分スタート!
http://www.tv-tokyo.co.jp/setoutsumi/

©此元和津也(秋田書店)/「セトウツミ」製作委員会

サイン入りポラプレゼント

今回インタビューをさせていただいた、高杉真宙さんのサイン入りポラを抽選で3名様にプレゼント。ご希望の方は、下記の項目をご確認いただいたうえ、奮ってご応募ください。

応募方法
ライブドアニュースのTwitterアカウント(@livedoornews)をフォロー&以下のツイートをRT
受付期間
2017年10月12日(木)12:00〜10月18日(水)12:00
当選者確定フロー
  • 当選者発表日/10月19日(木)
  • 当選者発表方法/応募受付終了後、厳正なる抽選を行い、発送先のご連絡 (個人情報の安全な受け渡し) のため、運営スタッフから個別にご連絡をさせていただく形で発表とさせていただきます。
  • 当選者発表後の流れ/当選者様にはライブドアニュース運営スタッフから10月19日(木)中に、ダイレクトメッセージでご連絡させていただき10月22日(日)までに当選者様からのお返事が確認できない場合は、当選の権利を無効とさせていただきます。
キャンペーン規約
  • 複数回応募されても当選確率は上がりません。
  • 賞品発送先は日本国内のみです。
  • 応募にかかる通信料・通話料などはお客様のご負担となります。
  • 応募内容、方法に虚偽の記載がある場合や、当方が不正と判断した場合、応募資格を取り消します。
  • 当選結果に関してのお問い合わせにはお答えすることができません。
  • 賞品の指定はできません。
  • 賞品の不具合・破損に関する責任は一切負いかねます。
  • 本キャンペーン当選賞品を、インターネットオークションなどで第三者に転売・譲渡することは禁止しております。
  • 個人情報の利用に関しましてはこちらをご覧ください。