左から野村祐輔、小林誠司

 広陵つながりその2。今回は中村 奨成を擁し、今夏準優勝を果たした広陵に迫りたい。

今夏はスーパーキャッチャー・中村 奨成を擁し準優勝を果たした

 今夏、広陵は甲子園で準優勝を果たした。その中心に存在したのは、走攻守三拍子揃ったスーパーキャッチャー・中村 奨成。彼の活躍なしに、準優勝は語れないだろう。1大会最多本塁打記録となる6本の本塁打に加え、強肩を生かした守備で高校野球ファンを魅了した。

 平元 銀次郎・山本 雅也の両左腕の好投も光った。初戦から強豪校との対戦が続いた。得点は許すが、試合には負けない。強豪打線に向かっていく投手陣も見事であった。それに加えて、広陵伝統の堅い守備と大量得点を生み出す打線は強力であった。

 初戦の中京大中京には、中村 奨成の2本塁打などで打撃戦を制すと波に乗った。2回戦では優勝候補の秀岳館に6対1と快勝。3回戦の聖光学院戦では中村 奨成の決勝本塁打で勝利。準々決勝では投手陣が好投を見せ、ベスト4入り。準決勝の天理戦では1大会最多記録を更新する5本目、6本目の本塁打を記録。決勝では花咲徳栄に敗れたものの、中村 奨成の活躍をはじめ、広陵の躍進は非常に目を見張るものであった。そして、国体にも出場した広陵は10月9日、大阪桐蔭を破り、初優勝を決めた。

 これまで多くのプロ選手を輩出してきた伝統校・広陵。阪神タイガースで監督を務める金本 知憲や、天才的な右打ちを駆使して活躍した二岡 智宏などをはじめ、現在、広島カープのエース格として活躍している野村 祐輔や、巨人・侍JAPANで正捕手を務める小林 誠司なども広陵出身だ。プロの世界でも活躍するOBを持ちながら、今年のドラフト候補として中村 奨成にも期待がかかる。どの球団が中村を指名するか注目だ。

近年の卒業生

■2004年卒・西村 健太朗(読売ジャイアンツ)・白濱 裕太(広島東洋カープ)

■2005年卒・上本 博紀(早稲田大学-阪神タイガース)

■2006年卒・藤川 俊介(近畿大学-阪神タイガース)

■2007年卒・吉川 光夫(北海道日本ハムファイターズ-読売ジャイアンツ)

■2008年卒・土生 翔平(早稲田大学-広島東洋カープ)・野村 祐輔(明治大学-広島東洋カープ)・小林 誠司(同志社大学-日本生命-読売ジャイアンツ)・櫟浦 大亮(関西学院大学-ワイテック-愛媛マンダリンパイレーツ)

■2009年卒・上本 崇司(明治大学-広島東洋カープ)・中田 廉(広島東洋カープ)

■2011年卒・福田 周平(明治大学-NTT東日本)・有原 航平(早稲田大学-北海道日本ハムファイターズ)

■2012年卒・丸子 達也(早稲田大学−JR東日本)・上原 健太(明治大学−北海道日本ハム)・吉持 亮汰(大阪商業大学−東北楽天)

■2013年卒・佐野 恵太(明治大学−横浜DeNA)

■2014年卒・下石 涼太(東海大学)

■2015年卒吉川 雄大(東海大)

■2016年卒前本 武蔵(近畿大)喜多 真吾(明治大)工 遼汰(大阪商業大)

注目記事・2017年秋季大会 特設ページ