焙煎が追いつかないほどの人気

写真拡大

 彼の名は、岩野響(ひびき)くん。15才の珈琲焙煎士だ。小学3年でアスペルガー症候群と診断され、中学で不登校になった。施設に入るものの、自分に合うものはなかなか見つけられなかった。そんな彼がこの春、高校進学はせず、自らの珈琲豆販売店を開店。

「500円でも自分の力で稼げるように」、そんな両親の思いを大きく上回り、わずか2か月後には、焙煎が追いつかない爆発的人気を呼んだ。

 障がいを受け入れ、自立への道を切り拓く、奇跡のような家族の軌跡を両親に聞いた。

 * * *
 いろいろ試した中で、珈琲なら仕事としてやっていけそうだってなりました。凝り性ですから、長い時は5時間くらい焙煎機のハンドルをくるくる回してましたね。それも2年間、毎日(笑い)。

 そうして2017年4月1日、ひーくん(響くん)が自分で焙煎した珈琲豆を販売するお店『ホライズン・ラボ』をオープンさせました。開店をこの日にしたのは、新学期とか新入学のムードの中、ぼくだけ何も始まらないという後ろめたさや罪悪感を持ったまま、4月を迎えてほしくなかったからです。

 私たちのお店『リップル洋品店』にひーくんが交ざるというのでもよかったんですが、できれば彼自身が社会とつながっていけるスペースがあればと思って。前の大家さんがつくった茶室を主人が改造してお店をつくりました。

 本音を言うと、最初は売れなくてもよかったんです。ひーくんの1つの区切りとしてスタートさせたかったので。こういう15才もいるよっていう小さな発信拠点にしたかったので。

〈店名は、中3の夏に家族で行ったタイ・プーケットの海から。水平線(ホライズン)のように広く自由に生きられるように、珈琲焙煎を研究する場所(ラボ)にしたいということだった。〉

 ここはひーくんが働けるようにつくった場所だから、逆にひーくんができないことは何もないんです。できることしか置いていないので。

〈「今の環境は完全に自分の体の一部みたいになっていて、その中では問題がないんですけど、そうじゃない作業は無理なんですよね(苦笑)」

 ひーくんが言う“そうじゃない作業”とは、接客だ。実は開店して2か月目、ブログ記事が掲載されたことで、大反響となったのだ。〉

 とても楽しい記事で私たちも嬉しかったんですけど、その時は、ひーくんのアスペルガーの話には触れなかったんです。でも、いらしたお客様はあれ? ってなるんです。彼がいきなり壁の方に向いちゃったり、目を合わせて話せなかったり、テープレコーダーみたいに同じことしか言わなくなったりするから。これはひーくんにもお客様にもよくないなと。緊急家族会議を開きました。

 痛感したのは、やっぱり障がいがあることを隠して“響”を説明することはできない、ということでした。アスペルガー障がいは目に見えないから、接客で落ち度があると、単なる失礼なやつって思われたりもするんです。

 そこで「やっぱり高校行ってないからなあ」とか、「わがまま言ってお店出してもらったみたいだぞ」なんていう意見も出てきて。2年間毎日ひーくんが頑張ってきたのにって、私はすごく悔しかったんです。

 障がいだからってかっこ悪いわけじゃない。ずるいかもしれないけど障がいを明かして、こういうふうに頑張ってるっていう家族が、日本に、世界に、1軒あったっていいじゃないって、ひーくんに言ったんです。でもひーくんはそれでも知られたくないっていう一点張りでしたね。

「純粋に珈琲の勉強を頑張ってきたのに、“障がい”ってなると全部障がいに吹き飛ばされちゃうんですよね。でも、健常者として扱われたってこの子は苦しい。じゃあどうするってなったのが5月2日。その日に、上毛新聞の取材依頼が来たんです」(父・開人さん)

〈閉店後、記者を交えて数時間に及ぶ家族会議が開かれた。そして、その3日後に《優れた味覚生かしコーヒー豆焙煎 発達障害の15歳が開店》という新聞記事が世に出たのだった。

 そのことが大きな変化をもたらした。テレビ取材も殺到し、小さな街は大渋滞を起こすようになってしまう。

 しかしその半面、多くの人が彼のために、と続々と協力を申し出てくれた。輸入業者からは、珈琲豆の輸入時に使うコンテナを無償利用していいという申し出や、同業者からは高額な焙煎機を譲渡しますという申し出だ。

 開人さんは言う。

「こうやってぼくらの手を離れてつながりを持っていってくれることが嬉しいのでありがたいですね」〉

 戸惑いもありましたけど、夫婦のありかたもよくなったと思います。人間どうしても“私はこう思ってるんだから、あなたもこう思ってよ”って他人に強制させたがる気持ちがあると思うんですよ。近しいととくに。

 でもひーくんは2才の時から全然普通の子じゃなくて、私が産んだけど、私が今まで30年以上思っている固定観念が全く通用しない(笑い)。

 家族って一緒に住んでいるけど、みんな単体だなっていうことがすごく勉強になったんです。だから、弟たち、みーちゃん(水葵くん)のことも、はーちゃん(葉月くん)のことも、子供と親という関係よりも、大人同士が話すように、来年何してるの、再来年どうしたいのっていつも具体的に話しています。

 親ができることは全面的にする。しかし、家族だけではどうにもならない。だから他人の力を借りるというのが夫婦の共通見解だ。

 私たちの方が先に死ぬから、頼れる人には頼って行こうよっていう、ずうずうしい考えなんですよ(笑い)。

 私たちもそういうふうに生きて来たから。一生懸命やっていれば、必ず協力者が現れる。手助けしてくれる仲間ができるはずなんです。

 すっごい人任せですけど(笑い)。でも社会って、何かできることを持ち寄って、できないことを埋め合って、それでシェアして生きていければいいと思うんです。

〈決して気負いはない。

「人に任せた以上はどうなってもしょうがないっていうのがあるので。もし失敗したらまたやり直せばいいだけじゃないですか(笑い)」(開人さん)

響くんの珈琲は月替わりの1種類。ある月はガツンと濃厚で深みのある味。ある月は香り高くすっきりした味。いろいろな表情をみせる、響くんの珈琲。〉

 ひーくんにはできないことがいっぱいあります。日によって、環境によって、体調によってできない度合も変わります。でも、あらかじめ障がいのことをわかっていれば、問題なく暮らしていける。どういうふうに考えてるの、見えてるのって、彼の世界を面白がれる社会になったらいいなって思うんです。

※女性セブン2017年10月19日号