4回東京競馬2日目(10月8日・日曜日)予想・橋本 千春
東京11R「毎日王冠」芝1800
◎1ソウルスターリング
○4アストラエンブレム
▲7グレーターロンドン
△2マカヒキ、8リアルスティール
 「人の不幸は、人を疑うことから始まる」。トットちゃんの黒柳徹子が言っていたが、けだし名言だと思う。ひるがえって、競馬で幸せになれないのは疑うことが多すぎるからか。ならば、全頭を買えば幸せになれるかもしれないが資金が続かない。とどのつまり、信じた馬で勝負するしかないのだ。閑話休題。3歳最強牝馬のソウルスターリングを信頼する。道悪に泣かされた桜花賞3着(0秒1差)を除けば、オークス、阪神JFの両G気魎泙5戦5勝。先の凱旋門賞で圧倒的なパフォーマンスを披露した同じ3歳牝馬のエネイブルの姿を彷彿させる。斤量53舛覆蚓鮴錣慮吐論を手玉に取るシーンは十分考えられる。一番の敵は道悪馬場だ。

東京10R「テレビ静岡賞」ダ1400
◎13レッドゲルニカ
○12グラスエトワール
▲11ダノンフェイス
△10ディーズプラネット、16オニノシタブル
 本命に推したレッドゲルニカは、昨秋ここと同条件のフェアウェルSを快勝している格上の存在。オープン下がりの前走・夏至Sはハナ差2着とチャンスを逸しているが敗因は明らか。勝ち馬より4舛盻鼎ぅ肇奪廛魯鵐58舛明暗を分けたのだ。内容は勝ちに等しい。定量戦のここは負けられないだろう。

東京9R「鷹巣山特別」芝1600
◎12ルネイション
○11ジークカイザー
▲9アルミレーナ
△3サーブルオール、4ロードリベラル
 決め手はメンバー有数の、ルネイションでもう一丁いける。凄いのは、近5走中4走でメンバー最速の上りを記録しているところ。前走の村上特別も上がり32秒1の差し脚を爆発させ突き抜けている。残り1走も32秒8(3着)なら面目躍如だ。引き続きデキの良さは目立っており、一気呵成に2連勝を達成するとみた。京都11R「オパールS」芝1200
◎7ソルヴェイグ
○13キングハート
▲2フミノムーン
△11ティーハーフ、12タマモブリリアン
 実績馬の、ソルヴェイグに期待する。重賞2勝をはじめ、スプリンターズS(16年)3着の実力はオープン特別なら上位だ。休み明け2戦目で上積みも大きいし、間違いなく本領発揮できるだろう。相手本線はキングハート。乗り替わりも浜中騎手なら心配無用。