栃木県警のOBら3人が逮捕 障害者暴行事件の証拠隠滅

写真拡大

 宇都宮市の知的障害者支援施設「ビ・ブライト」で4月、入所者男性に暴行したとして運営法人「瑞宝会」の職員ら男女2人が傷害容疑で逮捕された事件で、栃木県警は4日、内部調査資料を処分したとして証拠隠滅の疑いで、同会職員で県警OBの男ら3人を逮捕した。共同通信が報じた。

 事件では入所男性の腰を蹴るなどして重傷を負わせたとして同施設に勤務していた25歳の女と22歳の男が逮捕され、傷害罪で起訴された。

栃木県警OBら3人逮捕 障害者暴行の証拠隠滅疑い(共同通信)