GI天皇賞・秋(東京・芝2000m)の前哨戦という位置づけであるにもかかわらず、注目度は「本番以上」と言われたのが、1998年の第49回毎日王冠(東京・芝1800m)だ。

 この日、東京競馬場に詰めかけた観衆の数は、実に13万人強。近年では、GIでも滅多にないほどの動員数である。

 これだけでも、「GI以上」という評判が決して誇張ではないことがわかるだろう。

 お目当ては、まず明け5歳(現4歳)となる”快速”サイレンススズカだ。古馬となったこの年、ここまで負けなしの5連勝。近4走に関して言えば、GI宝塚記念(阪神・芝2200m)を含めていずれも重賞という圧巻の成績を残してきた。


宝塚記念で初のGIタイトルを手にしたサイレンススズカ

 次に、ともにデビュー以来”負けなし”という4歳(現3歳)馬の2頭である。

 1頭は、圧倒的な競馬でデビュー4連勝を飾った”怪物”グラスワンダー。前年暮れのGI朝日杯3歳S(※朝日杯フューチュリティSの前身。中山・芝1600m)でも次元の違う末脚を繰り出して快勝。3歳(現2歳)チャンピオンに輝いた。

 もう1頭は、デビューから5連勝、重賞3連勝中だったエルコンドルパサー。前走では、当時「マル外ダービー」とも言われたGINHKマイルC(東京・芝1600m)を難なく制した。

 熱い注目を浴びていたのは、この”3強対決”である。春のグランプリ制覇という勲章を引っ提げて、その時点で現役最強馬に君臨するサイレンススズカを相手に、無敗の新鋭2頭がどんなレースを見せるのか、多くのファンが胸を躍らせていた。

 しかも、当時の天皇賞・秋には出走制限があって、外国産馬であるグラスワンダーとエルコンドルパサーは同レースには出走できなかった。つまり、この”3強対決”は本番では実現することがなく、「ここでしか見られない」という希少価値が、ファンの関心を一層高めることになった。

 ところが、ふたを開けてみれば、サイレンススズカのワンサイドゲームだった。グラスワンダー55kg、エルコンドルパサー57kgという斤量に対して、サイレンススズカは59kgを背負っていたが、そんな”ハンデ”をもモノともせず、芝1800mを危なげなく逃げ切った。

 レース後、2着エルコンドルパサーの手綱を取った蛯名正義騎手はこうコメントした。

「(サイレンススズカの)影さえも踏めなかったよ……」

 振り返れば、サイレンススズカは、芝1600mのデビュー戦からして破格だった。直線に入っても騎手が手綱を持ったままで、2着に7馬身差をつける圧勝劇を披露。舞台となった京都競馬場は騒然となった。

 しかし、若駒のうちは好不調の波が激しく、以降は勝ったり負けたりを繰り返した。日本ダービー(東京・芝2400m)にも駒を進めたが、控える競馬が裏目に出て9着に敗れている。

 このときのレースぶりから、厩舎サイドは「この馬は逃げたほうがいい」と判断。以後、逃げ戦法が主体となるが、それでも4歳時は凡走を繰り返した。ダービーのあと、海外遠征を含めて4戦するも未勝利に終わった。

 デビュー当時の大物ぶりは影を潜めたかに見えた。が、暮れから年明けにかけての2カ月の休養を経て、サイレンススズカはいよいよ本領を発揮し始め、大物ぶりを誇示するようになる。

 とにかく、逃げる。

 それも、半端な逃げではない。並の馬なら、ゴール前で歩いてしまうようなハイラップでの”大逃げ”だ。

 それでも、サイレンススズカはバテない。それどころか、のちに「逃げて差す」と評されるほどの巧みなギアチェンジにより、道中は後続に影も踏ませずに逃げ、それでいて直線に入ってからも、鋭い末脚でさらに後続を引き離す。

 圧巻だったのは、毎日王冠の2走前のGII金鯱賞(中京・芝2000m)だ。

 サイレンススズカは好スタートからあっさりハナを切ると、向こう正面で早くも後続に7〜8馬身差をつけて、そのまま先頭でゴール。1分57秒8というレコードタイムで勝利した。そして、それ以上に衝撃的だったのが、2着との着差がなんと「大差」だったことである。

 要するに、「●●馬身」とかではなく、表示できないほどの差をつけて勝ったということ(※JRAでは10馬身差を超えた場合、「大差」と表示される)。これは、それなりの実力馬がそろう重賞では本来あり得ないことだ。事実、JRAの平地重賞でこんな派手な勝ち方をした馬は、サイレンススズカ以来、出てきていない。

 その勢いのまま、サイレンススズカは次戦の宝塚記念で初のGI制覇。そして、さらなる”飛躍の秋”を目論んで勇躍挑んだのが、毎日王冠だった。

 1000m通過が57秒7のハイペース。しかし、ここでも最後までペースが落ちることはなかった。ラスト3ハロンも35秒1。最速の上がりをマークしたエルコンドルパサーより、コンマ1秒遅いだけだった。

 まさしく「逃げて差す」レースだったわけで、後続にとってはたまったものではない。最後、流すようにして走るサイレンススズカに、エルコンドルパサーが2馬身半差に迫るのがやっとだった。

 勝ったからすごいのではない。サイレンススズカは、その逃げる姿を見ているだけで楽しかった。

「見ているだけで楽しい」――競馬ファンを、そんな思いにさせてくれるという点においても、稀有な存在だった。

 それにしても、あのとき、東京競馬場にいた13万人ものファンは、レース後に何を思ったのだろうか。

 負けはしたが、エルコンドルパサーも、グラスワンダーもまだ若い。このまま、やられっぱなしでは終わらないはずである。そうして、次の”3強対決”に思いを馳せる。

「ああ、これでまた、新たな”3強対決”の幕が開いたなぁ」

 おそらく、多くのファンがそんな思いにとらわれたのではないだろうか。

 しかし、続く天皇賞・秋。サイレンススズカのよもやのアクシデントによって、その”3強対決”は二度と実現することはなかった。 あれから19年。今年の毎日王冠(10月8日)が今週末に開催される。脳裏によみがえるのは、サイレンススズカのあの”大逃げ”である。

■競馬 記事一覧>>