『去年の冬、きみと別れ』 ©2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会

写真拡大

2018年3月から全国公開される映画『去年の冬、きみと別れ』の特報が公開された。

【動画と画像を見る】

中村文則の同名小説をもとにした『去年の冬、きみと別れ』は、盲目の美女が巻き込まれた焼死事件と、事件の容疑者である天才写真家の木原坂雄大に目を付けたルポライターの耶雲恭介が、事件の真相に近づくにつれて、関係者たちの精神の歪みに飲み込まれていく様を描く作品。主人公の耶雲役を岩田剛典(EXILE、三代目J Soul Brothers)が演じるほか、婚約者・松田百合子役に山本美月、写真家の木原坂役に斎藤工がキャスティングされている。監督は瀧本智行。

百合子が「私たち、これからもっともっと幸せになります」と宣言するシーンから始まる特報では、結婚を間近に控えた耶雲が女性焼死事件の容疑者・木原坂の取材を進める様子や、木原坂が耶雲に「君に覚悟はあるの?」というセリフ、木原坂が百合子に近づく場面などが確認できる。