厳選! 2歳馬情報局(2017年版)
第19回:ソシアルクラブ

 2008年から2011年にかけて、その才能をいかんなく発揮。GI戦線で競馬ファンを大いに沸かせた”女傑”がいる。ブエナビスタだ。

 母は、GI阪神3歳牝馬S(阪神ジュベナイルフィリーズの前身。阪神・芝1600m)を制したビワハイジ。その母をはるかにしのぐ輝かしい結果を積み重ね、優秀な兄姉の中でもずば抜けた実績を現役時代に残した。

 2歳時に阪神JFを制して母娘制覇を決めると、3歳の牝馬クラシックではGI桜花賞(阪神・芝1600m)、GIオークス(東京・芝2400m)と強烈な末脚を披露して連勝。牝馬二冠を達成した。

 古馬になってからも、牝馬限定GIのヴィクトリアマイル(東京・芝1600m)を快勝。以降、牡馬混合のGIにも果敢に挑戦し、4歳時にGI天皇賞・秋(東京・芝2000m)、5歳時にGIジャパンカップ(東京・芝2400m)で戴冠を果たして競馬界のトップに君臨した。

 また、敗れたレースにおいても、牡馬一線級を敵に回して常に上位争いを繰り広げた。その闘志あふれる姿に多くのファンが魅了され、まさに競馬史を代表する”名牝”の1頭と言える。

 そんな女傑も母となり、今年も期待の愛娘がデビューを迎えようとしている。栗東トレセン(滋賀県)の池添学厩舎に所属するソシアルクラブ(牝2歳/父キングカメハメハ)である。



ソシアルクラブは母ブエナビスタのような活躍を見せられるか

 ブエナビスタにとって、2番目の子となるソシアルクラブ。育成を担当したノーザンファーム早来の村上隆博氏は、今春の取材で同馬の才能についてこう語っていた。

「春を迎えて、どんどんよくなっていきましたね。気持ちに体が追いついて、動きに迫力が出てきました。ひとつ上の姉コロナシオン(牝3歳)とは、ちょっと違うタイプ。姉はピッチ走法でしたが、こちらはストライドも大きく、ノビのある走りを見せます。この血統で、大きいところを目指したいですね」

 姉のコロナシオンは、デビュー戦を勝ったものの、その後は白星から遠ざかっている。しかし、タイプの違うソシアルクラブには、それ以上の活躍が見込まれる。

 同馬は現在、所属する池添厩舎に滞在し、デビューへ向けて調整を進めている。10月9日の2歳新馬(京都・芝1600m)で、その姿が見られる予定だ。

 初陣を目前にして、厩舎スタッフはどんなふうにこの馬を見ているのだろうか。関西競馬専門紙のトラックマンがその様子を伝える。

「先週、初めて長めの距離を調教しましたが、『このひと追いでよくなってくるのでは』とスタッフ。『それまでの調教でもしっかり動いてきた』とのことで、陣営としては一定の手応えを感じているのではないでしょうか」

 牧場スタッフからは「姉とタイプが違う」とのコメントが出てきたが、それは厩舎スタッフも同感のようだ。トラックマンが続ける。

「姉のコロナシオンは頑固な性格でしたが、ソシアルクラブは素直で調整しやすいようです。また、スタッフによれば『姉が持っていた体の硬さもない』とのこと。やはりこの血統ですし、実戦ではきっちりと力を発揮してくれそうです。デビュー戦が楽しみですね」 豪快な走りで強豪牡馬をも一蹴してきたブエナビスタ。その母が活躍した大舞台を目指して、いよいよ第一歩を踏み出す娘ソシアルクラブのデビュー戦は見逃せない。

■競馬 記事一覧>>