10回裏、5点差ひっくり返す!・鹿屋農

 6回まで散発2安打に抑えられ、三塁も踏めなかった鹿屋農打線が7回に火を噴く。

 一死一二塁とし、7番・吉元 太陽(2年)の右中間三塁打で2点を返し逆転に成功した。

 鹿児島南は9回、先頭の代打・堀切 海翔(2年)が左中間を深々と破る三塁打を放ち、暴投で同点に追いつく。2対2のまま決着がつかず、延長戦に突入した。

 勢いを取り戻した鹿児島南打線は4番・嶽川 世廉(2年)の2ランで勝ち越し、動揺して四死球連発した相手投手を攻めて満塁とし、暴投、1番・小齊平 拓也(2年)の右中間三塁打で2点を加え、計5点を勝ち越し、勝負あったかに思われた。

 しかし、劣勢ムードの鹿屋農がここから驚異の粘りをみせる。

 四死球、ヒットで満塁とし、押し出し、暴投と5番・小平 幸希(2年)の内野安打で計4点。6番・中野 敬海(1年)がセンターオーバー二塁打でつなぎ、代打・小隈 聡希(1年)のセンター前タイムリーで同点。最後はこの回に代走で出て、そのまま打席が回ってきた9番・坂元 智哉(2年)が決勝点となるセンター前タイムリーを放ち、3時間8分の死闘に決着をつけた。エース磔 大生(2年)の10回途中までの粘りの力投に、打線が応えた。

(文=政 純一郎)

注目記事・2017年秋季大会 特設ページ