岩井勇気(ハライチ)

写真拡大

28日深夜放送「ハライチのターン」(TBSラジオ)で、ハライチの岩井勇気がアニメ「けものフレンズ」(テレビ東京系)をめぐる騒動に言及した。

岩井は、同アニメの監督・たつき氏が自身のTwitterで降板を発表し騒動に発展したあとに、ニコニコ生放送のラジオ「ニコラジ」で「けものフレンズ」の魅力を語る番組に出演したそうだ。出演前は渦中の話題に触れることに「ガクガク震えた」そうだが、番組中は核心に触れず、最後に「いろいろ言われてますけども、2期見てから言いましょうよ」というに留めたという。

この日の番組で、岩井は「俺は『けものフレンズ』のファンなわけ」「だから、アニメの制作とかにとやかく口出しする権利はないと思ってんの」と当時の発言を補足する。さらに岩井は「『アニメを見て楽しいな』でいいと思ってんの、視聴者はね」「だから『アニメの2期を見ててからいいましょうよ』っていうことをね、言った」と述べたのだった。

「けものフレンズ」の騒動は、たつき氏が25日にTwitterで降板発表をした際、KADOKAWAの関与を匂わせたことに端を発している。

【関連記事】
ハライチ・岩井勇気 ママタレのブログに苦言「子どもを食いもんにしている」
平井堅 アニメ「けもフレ」主題歌をべた褒めし大反響「全部サビみたい」
ハライチ・岩井勇気が相方・澤部佑に贈った独創的な出産祝い