ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 今週は、下半期の「スプリント王決定戦」となるGIスプリンターズS(10月1日/中山・芝1200m)が行なわれます。

 以前は有馬記念の前週に行なわれていて、年の瀬を知らせる名物レースでした。それが今では、秋のGIシーズン開幕を告げるレースとして、すっかり定着しましたね。

 年末に開催されていた頃は、マイルCS(京都・芝1600m)よりもあとに行なわれていたため、マイラーの参戦も少なからずありましたが、最近は夏のスプリント路線が整備されたこともあって、よりスプリント色が濃いメンバーがそろうようになりました。そして今年も、夏のスプリント戦線で活躍してきた馬が多く出走してきています。

 一方で、実績馬のほとんどは夏の休養明けで、春からのぶっつけで挑んできます。これも、開催時期が変更されたことによる影響でしょうね。その分、馬券予想はかなり難しくなりました。

 さて今回、まず注目していたのは、昨年のGI高松宮記念(中京・芝1200m)の勝ち馬で、昨秋のスプリンターズSで1番人気に推されたビッグアーサー(牡6歳)でした。素質、能力の高さで言えば、この馬が一番だと思うからです。

 昨年のレースでは、1番枠のメリットを生かせず、逆にそれが仇(あだ)となって12着と惨敗を喫しました。それだけに、リベンジを狙う今年にかける思いは強いはず、とも考えていました――が、先週までの中間の調教を見てみると、どうもいい頃の雰囲気が感じられませんでした。一頓挫あった影響が長引いているのでしょうか……。

 はたして、直前の追い切りのあと、どこまで変わってくるのか。古馬のGI馬なので、大一番の前であることを自ら感じて身体を作ってくるかもしれませんが、少なくともパドックを見る前の現時点では、マイナスイメージのほうが強いですね。

 このビッグアーサーはおよそ9カ月半ぶりのレースとなりますが、例年どおり、他の実績馬も”ぶっつけ本番”という馬がほとんど。今春の高松宮記念(3月26日)を制したセイウンコウセイ(牡4歳)は、その後に函館スプリントS(6月18日/函館・芝1200m)を使っていますが、今回はそれ以来となる約3カ月半の休み明け。しかも、その前走は不可解な敗れ方(4着)をしているのが気になります。

 また、高松宮記念2着のレッツゴードンキ(牝5歳)、3着レッドファルクス(牡6歳)も、およそ3〜4カ月以上の休み明け。前者はGIヴィクトリアマイル(11着。5月14日/東京・芝1600m)、後者はGI安田記念(3着。6月4日/東京・芝1600m)以来のレースとなります。

 おそらく、いずれもこのあとのローテーション(マイルCSや香港遠征)を考えてのことだと思いますが、休み明けというのは、やはり心配材料になりますね。

 とはいえ、GI勝ちの実績とスプリント適性が高いこの2頭は、普通の状態であれば、ここでは地力上位の存在です。半年以下の休養なら、今の調教施設とその技術を考えれば、いきなり力は出せるでしょう。よほどのことがない限り、有力馬として挙げられると思います。

 翻(ひるがえ)って、夏場のレースを使ってきた面々はどうか。

 北九州記念(8月20日/小倉・芝1200m)を勝ったダイアナヘイロー(牝4歳)は、少し興味がそそられる1頭です。平坦コースとはいえ、ここ2戦は尋常ではないほどの強い競馬を見せていますからね。

 特に前走は、テンの3ハロン(600m)が32秒台、1000m通過も55秒台というハイラップの展開にありながら番手で進み、直線もほぼスピードが落ちることなく、そのまま押し切ってしまいました。これは、スピードの絶対値が高いことの証明。この夏の間に大きく成長し、本格化したのでしょう。

 競馬というのは、単純に時計比較だけでは決まらないものですが、それでも今のダイアナヘイローには可能性を感じますね。

 このダイアナヘイロー同様、夏場のレースを使われて実績を上げてきた組の中から、今回の「ヒモ穴馬」を取り上げたいと思います。明け4歳のダイアナヘイローとは打って変わって、キャリア37戦を数え、7歳秋を迎える古豪のラインミーティア(牡7歳)です。


一発大駆けが期待できるラインミーティア

 人間でも同じことが言えると思いますが、通常は短距離戦、ましてGI戦ともなると、伸び盛りの若い馬に分があります。ただ稀(まれ)に、ものすごく晩成型の馬がいます。

 少しイメージは違いますが、一昨年のこのレースを6歳秋で制したストレイトガールもそうでした。引退レースを飾った7歳春のヴィクトリアマイルでも、驚異的な強さを見せてくれました。おそらく、この頃がピークだったのではないでしょうか。

 ラインミーティアも、同馬にとってのピークが今、きていると思います。この2走、勝利した前々走のアイビスサマーダッシュ(7月30日/新潟・芝1000m)に、僅差の2着だった前走のセントウルS(9月10日/阪神・芝1200m)にしても、道中2回ほど詰まるロスがありましたが、それをものともしない競馬を披露。負けたとはいえ、セントウルSも内容的には勝ち馬に匹敵するパフォーマンスを見せています。

「千直」を使ってきた効果もあるのか、1200m戦では以前よりもいい位置を取れるようになってきています。そうやってある程度の位置をとって、あの強烈な決め手を繰り出せるのなら、GIの舞台でも十分に勝負になると思います。

 鞍上も、馬も”マイナー”な存在ゆえ、今回も人気は上がらないと思いますが、侮れない1頭ですよ。一発を期待したいと思います。

大西直宏オフィシャルブログ>

大西直宏公式LINE@始めました。
元騎手の視点で馬券のヒントになる情報をお届け!
友だち追加で「@0024n」を検索!
下のQRコードを読み取って頂くことでも見られます。

■競馬 記事一覧>>