「短距離王国」香港からの「刺客」ブリザード(せん6歳、父スタークラフト)が来日した。

 暮れの香港スプリント(シャティン・芝1200m)においては、昨年、一昨年と香港調教馬が上位4頭までを独占しており、特に昨年はビッグアーサー、レッドファルクスといった、昨年の短距離GI勝ち馬2頭が参戦しながら、10着、12着と日本勢はまったく存在感を示すことができかった。

 過去に香港調教馬は日本のスプリンターズSで2勝、高松宮記念でも1勝という成績を残している。昨年の香港スプリントの結果を踏まえ、新陳代謝の進まない現在の日本のスプリント路線の馬たちが相手であれば、やはり軽視はできない。

 ただ、ブリザード自身の戦績を見ると、これまでに来日した香港調教馬と比較すると実績的にやや物足りなさを感じる。香港生え抜きで、通算26戦8勝はいいとしても、重賞勝ちは今年元日に行なわれたGIII香港チャレンジカップ(シャティン・芝1400m)の1勝にとどまっている。4歳時には、距離が明らかに長い香港4歳三冠シリーズで、前半の二冠でともに3着と地力はうかがわせており、短距離路線に矛先を変えたあとも、重賞戦線で常に上位を賑わせるなどしてきてはいるものの、もうワンパンチ足りないという印象は拭えない。


ブリザードは実績こそ多少見劣るが、日本での調整も順調で侮れない存在

 スプリンターズSの歴史を振り返ると、前述のように香港調教馬は2勝している。1頭は”アジアの英雄”ことサイレントウィットネスで、当時の近代競馬記録となるデビュー17連勝の金字塔を打ち立てたように、スプリンターズSを勝つにふさわしい実績の持ち主であった。もう1頭は2010年のウルトラファンタジー。後続を手玉に取る逃げ切りで、10番人気の低評価を覆した。実はこのウルトラファンタジーも香港では重賞勝ちはわずか1勝のみという実績だったのである。このときは、同じ香港のグリーンバーディーが人気を集めていたが、ウルトラファンタジーの激走によって、むしろ香港の短距離路線の層の厚さがより際立つ結果となった。

 さらにブリザードを管理するのは、そのウルトラファンタジーと同じくリッキー・イウ調教師。これまでにも、安田記念勝ち馬となるフェアリーキングプローンで香港スプリントを勝利し(但し、安田記念のときは他厩舎に転厩していた)、近年の香港の最強スプリンターの1頭にも数えられるセイクリッドキングダムなども管理している。そのイウ調教師があえてここに送り込んでくるだけに、なおさら勝負気配を感じずにはいられない。事実、ブリザードの遠征については、7月に終了した昨シーズンの半ばの段階で既に計画していたようだ。前走(9月3日)も2着に敗れたとはいえ、60kgもの斤量を背負ったもので、ここに向けて調整が順調であることがうかがえる。

 昨シーズン最後の出走となったGIチェアマンズスプリントプライズ(5月7日/シャティン・芝1200m)こそ、チグハグな内容でしんがり負けしているが、その前のGIIスプリントC(4月9日/シャティン・芝1200m)は、最後の直線の勝負どころで前をカットされる不利があった。やむなく一旦外に出して、体勢を立て直してから猛追した結果の4着入線で、その後、不利が認められて3着に繰り上がっている。このときに妨害したのが、続くチェアマンズSP を制するラッキーバブルスであった。不利さえなければ、ラッキーバブルスは完全にかわせる脚色であったし、上位2頭にも迫れたのではないかと思えた。

 また、この馬自身の持ちタイムは1分8秒3。香港と日本では馬場の質が異なることと、レースタイムの計測が日本のそれとはやや異なるため、1200m戦であれば、概(おおむ)ね1秒ほど香港の方が遅い。つまり、日本の馬場に置き換えれば、1分7秒3で走れる計算が成り立つ。これだけ走れば、今回のメンバーなら十分に勝負圏内だ。

 あえて不安点を探すとすれば、スタートか。もともと後方からレースを進めるタイプとはいえ、短距離戦だけにスタートは決めたいところ。しかし、先週金曜日に検疫先である白井の競馬学校で行なったゲート試験では、いずれも伸び上がるようなスタートを見せていた。できれば外枠を引きたい。

 実績から見て下馬評は低いが、一発の魅力を秘めるブリザード。秋の中山に「嵐」を巻き起こせるか。

■競馬 記事一覧>>