「アートたけし展」松坂屋名古屋店で開催 - ノンコンセプトの「絵画」約100点が集結

写真拡大

「アートたけし展」が、松坂屋名古屋店にて2017年9月30日(土)から11月18日(土)まで開催される。

漫才師として一時代を築き、「コマネチ!」など伝説のギャグを次々と生み出してきたお笑い芸人「ビートたけし」。今では、俳優として、『アウトレイジ』などを手掛ける映画監督としても名を馳せ、「世界のキタノ」とも呼ばれる存在だ。

漫才、お笑い、コメンテーター、司会者、俳優、映画監督、作家、歌手など、枚挙に暇もない程の様々な顔をもつ彼の出発点。それは、脳内に浮かぶ様々な一枚のビジュアルだという。「映画を撮るときは、まず1枚の絵もしくは写真が頭に浮かんで、そこからストーリーを作っていく」という北野の制作秘話は有名。また、「コマネチ!」も、あのポーズ=北野武の脳内に浮かんだ1枚のビジュアルといえる。

本展覧会では、北野武の最も素に近い世界=「絵画」約100点を一堂に会する。 彼自らが手を動かし、ただただ「楽しいなぁ!」と夢中になり、無心で表現した世界が繰り広げられる。また、同展は、北野の希望により展示はノンコンセプト、作品はノンタイトル。「ビート」でも「キタノ」でもない第三の“たけし”、「アートたけし」の作品の数々を堪能できることだろう。

【詳細】
会期:2017年9月30日(土)〜11月18日(土) 50日間(会期中無休)
開場時間:10:00〜19:30(最終日は18:00閉館、 入館は閉館30分前まで)
会場:松坂屋名古屋店 南館7階 松坂屋美術館
住所:愛知県名古屋市中区栄3-16-1
入館料:一般 1,200円、 高・大学生 800円、 小・中学生 500円(税込)
※未就学児童無料


[写真付きで読む]「アートたけし展」松坂屋名古屋店で開催 - ノンコンセプトの「絵画」約100点が集結

外部サイト

  • 映画『ゴッホ〜最期の手紙〜』全編が“動く油絵”のアートサスペンス、巨匠ゴッホの死の謎に迫る
  • 芸術の饗宴「姫路城×彩時記」開催、姫路城を舞台に繰り広げられる現代アートやイルミネーション
  • カレッタ汐留のイルミネーション、2017年は『美女と野獣』をテーマにした”愛の物語”