初めてオープンという名のつくレースを勝ったのは、6歳(現年齢表記。以下同)のとき。それまでに、すでに27戦(6勝)も消化している。

 そんなプロフィールから思い浮かぶのは、「遅咲き」「叩き上げ」、そして「地味な馬」といったイメージか。少なくとも”エリート”という感じはしない。その先も、重賞をひとつ、ふたつ勝てるのがやっとで、GIを制することなど夢のまた夢、というのが率直な印象だ。

 だが、この馬は6歳になってから、まさに競走馬としての”旬”を迎えた。重賞未勝利のまま、一気にGI馬へと上り詰めたのだ。

 ダイタクヤマト(牡/父ダイタクヘリオス)――。2000年、GIスプリンターズS(中山・芝1200m)が暮れの開催から秋のGIシリーズの幕開けを告げる一戦となった、最初の年の覇者だ。


2000年のスプリンターズSで、強豪各馬を抑えて大番狂わせを演じたダイタクヤマト(左端)

 この年のスプリンターズSは、まれに見る激戦だった。イギリスのGIを制したばかりのアグネスワールドをはじめ、前年の覇者であるブラックホークに、2年前の覇者マイネルラヴ、春のGI高松宮記念(中京・芝1200m)を勝ったキングヘイローに、4連勝中と勢いに乗るビハインドザマスク、さらに香港からも強豪のベストオブザベストが参戦。GI馬がなんと7頭と、非常にハイレベルなメンバーが顔をそろえていた。

 この豪華メンバーの中では、さすがにダイタクヤマトの存在はかすむ。オープン入りしたとはいえ、重賞は未勝利で、前走のGIIIセントウルS(阪神・芝1200m)でも7着に沈んでいた。勝ち目があるようには、とても見えなかった。

 実際、多くの競馬ファン、関係者もそう思ったのだろう。単勝は257.5倍で、出走16頭中、最低の16番人気だった。

 そうした状況にありながら、実は人知れず、ダイタクヤマトに”風”が吹いていた。

 出走可能頭数が16頭のスプリンターズS。出走条件は収得賞金などの優先順位で決まるが、出馬登録が行なわれた当初、ダイタクヤマトのその順位は19番目だった。つまり、3頭の馬が出走を取り消さなければ、このレースに出ることさえできなかったのだが、きっちり3頭が出走を回避。ギリギリで出走が叶ったのだ。

 ダイタクヤマトへの”風”を感じさせることはまだあった。

 同馬を管理していたのは、石坂正調教師。ジェンティルドンナを育てたことで知られ、今や名調教師のひとりに数えられるが、当時はまだ駆け出しだった。そのため、スプリンターズSと同時期に、比較的楽なメンバー構成で、条件も合っていたオープンレースがあるのを「見落としていた」という。

 もし、この”見落とし”がなければ、好走するチャンスがより大きいオープン戦に回っていた可能性が高く、スプリンターズSの出走はあり得なかっただろう。

 さらに、鞍上に江田照男騎手を得た。これも、大きな”風”だった。

 ダイタクヤマトには過去に2度騎乗したことがあったものの、江田騎手はいわゆる主戦ジョッキーではなかった。本来であれば、この馬に唯一のオープン勝ちをもたらした中舘英二騎手や、前々走のGIII函館スプリントS(函館・芝1200m)で2着に導いた芹沢純一騎手のほうが優先されるはずだが、スプリンターズSではふたりとも別の馬に騎乗することになっていた。

 そうして、ダイタクヤマトは”穴男・江田照男”をパートナーとして得た。

 もともと過去2戦の騎乗でも、3着、1着という結果を残していた江田騎手。とにかく彼は、騎乗馬の長所を徹底的に生かそうとする。逃げ馬なら、ダッシュをきかせて思い切り逃がそうとする。極端なことを言えば、最後のゴール前で歩いてしまっても構わないというほど逃がす。

 これが、スプリンターズSの、レース展開にまんまとはまった。

 レースは、中舘騎手騎乗のユーワファルコンが強引に先手を取り、好スタートを切ったダイタクヤマトはその外側にぴったりとつけた。そして、この2頭が後続を引き離していった。

 テンの3ハロン(600m)が33秒0というハイペース。直線に入ってからは、さすがにユーワファルコンの脚色は鈍り出したが、ダイタクヤマトはそれを難なくかわして、そこから”江田マジック”が炸裂した。一気に坂を駆け上がらせると、江田騎手は「ガンバレ、ガンバレ」と馬を叱咤しながら懸命に追いまくった。

 それでも、坂を上がったところではダイタクヤマトの脚も上がり、江田騎手の脳裏にも一瞬「差されるか……」という不安がよぎった。

 そこに、最後の”風”が吹く――。

 この日の馬場はやや重で、湿り気を帯びた力のいる馬場だった。ダイタクヤマトはこういう馬場を得意としたが、後ろから追いかけてきた馬たちはその馬場に脚を取られて、普段の切れ味が影を潜めてしまったのだ。

 人気のアグネスワールドやブラックホークの馬券を買っていたファンは、思うようにスピードが上がってこない愛馬たちの姿を見て、さぞもどかしかったことだろう。その2頭は、坂を上がってからようやくスピードが乗り、鼻づらを合わせるようにしてゴールに飛び込んできた。

 が、時すでに遅し。その2頭の1馬身4分の1先に、ダイタクヤマトがいた。

 ダイタクヤマトにとって、いくつもの幸運が重なったのは事実だ。しかし、それはフロックでも、力のない馬がただ運に恵まれただけ、という勝利でもなかった。

 ダイタクヤマトはその後、GIIスワンS(京都・芝1400m)、GIII阪急杯(阪神・芝1200m)で優勝。翌年のスプリンターズSでも、勝ち馬とタイム差なしの3着と健闘している。

「地味な馬」ではなく、「大器晩成型の馬」だった。

 さて、今年のスプリンターズSは10月1日に開催される。奇しくも、ダイタクヤマトが勝った日と同じ日付である。 今回も、GI実績のある有力馬が顔をそろえるが、思わぬ伏兵馬の台頭があってもおかしくない。はたして歴史は再現されるのか、必見だ。

■競馬 記事一覧>>