厳選! 2歳馬情報局(2017年版)
第18回:サトノルーリー

 秋競馬がスタートし、2歳戦が活気づいている。良血馬や話題の馬など、さまざまな若駒が毎週のようにデビューしてくる。競馬ファンにとっては、来春のクラシックを沸かせてくれそうな主役候補を探し、見定める意味でも楽しみな季節と言えるだろう。

 もうすぐデビューを迎えるサトノルーリー(牝2歳/父ディープインパクト)も、多くのファンや関係者が熱い視線を注いでいる一頭である。

 注目される理由としては、やはりその血統のよさが挙げられる。2010年生まれの全兄サトノノブレス(牡7歳/父ディープインパクト)は、重賞4勝の実績を持つ。2013年のGI菊花賞(京都・芝3000m)では2着になるなど、3歳クラシックの大舞台でも好勝負を演じた。


サトノルーリーの兄サトノノブレス

 この兄は、いまだに現役として活躍し、10月1日にはサトノダイヤモンドのパートナーとして、GI凱旋門賞(フランス・芝2400m)にも出走する。息の長い活躍を見せるベテランだ。

 また、2004年生まれの兄ヒカルオオゾラ(牡/父マンハッタンカフェ)は、重賞勝利こそなかったものの、GIIIでの2着が3回あって能力の一端を見せた。ハマったときのレースぶりは圧巻で、その走りは多くのファンの記憶に残っているのではないだろうか。

 そんな血統背景から注目度の高いサトノルーリー。その名が、某競馬番組の出演者である女性タレントの横山ルリカさんの名前にちなんで名づけられたという経緯もあって、同馬のことは一般的にも広く知れわたっているようだ。

 現状ではやや話題先行といった感もあるが、はたしてその実力のほどはどうなのか。同馬の育成を担当したノーザンファーム空港牧場の飯野義勝氏は、今春の時点で、こんな評価を与えていた。

「体は小さいのですが、動きは素晴らしいですね。バネがあって、いかにもキレそうです。性格は、気が強くてテンションの上がりやすいタイプですが、それをうまくレースに生かせれば、直線での切れ味につながるかもしれません。距離は1600m辺りが合っていそうです」

 育成期間を経て、サトノルーリーは栗東トレセン(滋賀県)へと移動。現在は、所属する須貝尚介厩舎で入念に調教を積んでいる。その姿を間近で見ている厩舎スタッフも、この馬の資質には好感触を得ているようだ。関西競馬専門誌のトラックマンが語る。

「あるスタッフは『走りに対して真面目で、いいバネも持っている。走ってきそうだよ』と話していました。同馬は、セリで7000万円という高値のついた馬ですが、別のスタッフは『値段どおりの走りが期待できるのでは』と笑顔を見せていました」 デビュー戦の予定は、10月9日の2歳新馬(京都・芝1600m)。相当な注目を集めるだろうが、人気や話題先行といった結果で終わることなく、周囲の期待以上の走りを見せてくれることを期待したい。

■競馬 記事一覧>>