GI天皇賞・秋(10月29日/東京・芝2000m)に照準を合わせたメンバーが集うGIIオールカマー(9月24日/中山・芝2200m)。夏のローカル重賞を戦ってきた馬たちと、ここから始動する重賞実績のある馬たちとの激突がひとつの見どころとなるが、今年はどうも様子がおかしい。「それはメンバーが手薄だから」と指摘するのは、日刊スポーツの松田直樹記者だ。

「例年、夏に力をつけた上がり馬が、秋の始動戦を迎える実績馬に挑む、という構図がこの時期の重賞の焦点。オールカマーもその傾向が強くて、昨年はその前年に有馬記念を勝ったゴールドアクターが貫禄の走りを見せ、一昨年はその前年の秋華賞を制したショウナンパンドラが牡馬勢を一蹴して天皇賞・秋(4着)、ジャパンカップ優勝への足がかりとしました。ここ2年は実績馬が上がり馬を抑える決着となっています。

 ところが、今年はそこまでの実績馬がいません。”GI級”の馬はいても、GI馬は不在。例年と比べて、かなり手薄なメンバー構成と言えます。どうにも”荒れる”雰囲気が強いですね」

 さらに、デイリー馬三郎の木村拓人記者は、”GI級”の馬たちの本気度についても疑問を呈す。

「ステファノス(牡6歳)はGI勝利がないものの、海外を含めて芝2000mのGI戦では2着が3回あります。そういう意味では実績上位ですが、重賞勝ちはわずかに1勝で、それもマイル戦。休み明けのうえ、中山の芝2200m戦で1、2番人気を背負うというのは、この馬にとっては荷が重いような気がします。

 早くから期待されながら、いまだにGIタイトルを手にしていないルージュバック(牝5歳)も、大目標はこのあとのGIエリザベス女王杯(11月12日/京都・芝2200m)でしょう。その分、まだ仕上がり途上と言えます。

 タンタアレグリア(牡5歳)も、およそ8カ月の休み明けで現状の出来にはやや不安を感じます。アルバート(牡6歳)、モンドインテロ(牡5歳)あたりは、距離不足の感が否めません」

 だからといって、夏の上がり馬の中に”これ”といった馬がいるのか? というと、そうでもないらしい。実績馬を蹴散らすような「『これが超穴馬!』という馬も見当たらないんですよ……」と、木村記者はため息を漏らす。

「実績のある上位グループの馬と、夏場の重賞やオープンを戦ってきた馬たちとは、結構力の差がはっきりしてしまっている印象があります。ずっと使われてきたとはいえ、この程度のメンバーなら、完調手前のルージュバックやタンタアレグリアでも、地力でどうにかできてしまうのではないか、という感じがしますね」

 そんな中、木村記者が穴馬として推奨するのは、前走で函館の準オープン・五稜郭S(7月8日/函館・芝2000m)を勝ってきたブラックバゴ(牡5歳)。3歳時にはGIII京成杯(中山・芝2000m)で2着になるなど、2、3歳時には重賞戦線で奮闘していた馬だ。


2、3歳時には重賞で奮闘していたブラックバゴ

「勝ち切れない面のある馬で、条件馬生活が長く続いていましたが、カチッとはまれば前走のようにあっさり勝てるだけの力があります。同じようなタイプだったグランシルクが先々週のGIII京成杯オータムハンデ(中山・芝1600m)を勝ちました。ブラックバゴの母父は、グランシルクの父でもあるステイゴールド。中山での適性もありますし、そういった共通点からもここで一気に台頭してくる可能性はありますよ」

 東京中日スポーツの若原隆宏記者も、同じくブラックバゴを推す。こちらは紙面でも「結構前から本命で、と考えていた馬」とかなり強気だ。

「(ブラックバゴは)もともと3歳時にはクラシックでも上位を争えるレベルにあったにもかかわらず、その後に体調の乱れなどがあって、それを取り戻すのに時間がかかってしまった。ゆえに今回、『準オープンを勝ったばかりの馬』という扱いですが、ここに向けての調整過程はまったくケチをつけようがありません。状態もよく、バカにしたもんじゃないですよ。

 2200mという距離も問題ありません。上位陣を脅かす存在としては、状態も成績も上向きにあるこの馬、と思っています。できることなら、このまま人気にならないで当日を迎えてほしいです」

 一方、松田記者は、よりコース適性を重視した穴馬をセレクトする。

「昨年の3着馬ツクバアズマオー(牡6歳)を推します。今年の中山金杯(1月5日/中山・芝2000m)を含めて、全7勝中5勝が当地の2000m〜2200mという舞台。現役屈指のコース巧者です。

 管理するのは、来年2月に定年を迎える尾形充弘調教師。以前、『なんとかこの馬で有馬記念に出たい』と話していて、1998年、1999年と連覇を遂げたグラスワンダー以来のグランプリ制覇を狙っていました。それほどの馬だけに、得意コースでのGII参戦には並々ならぬ意欲を感じます」

 奇しくも、この馬も父ステイゴールドの血を引く。しかし、ここ3戦はふた桁着順が続いて、北海道での近2戦は見せ場さえなかった。そうした状況にあっても巻き返しが期待できるのだろうか。

「今夏の北海道での2戦は敗因がはっきりしています。2走前のGIII函館記念(10着。7月16日/函館・芝2000m)は、重馬場に脚を取られたもの。前走のGII札幌記念(11着。8月20日/札幌・芝2000m)は、他馬とぶつかる不運があって、鞍上の勝浦正樹騎手のコース取りに積極性が欠ける面もありました。

 美浦トレセンに帰厩後は、夏のダメージもなく、順調そのもの。尾形充調教師も『1週前の動きは北海道にいるときよりもいい。得意の中山でいいところを見せてほしい』と巻き返しに手応えを感じているようです。絶好の舞台での復活を期待したいです」 圧倒的な本命馬も不在で、専門家をも悩ます”大激戦”。はたして今年は、夏の上がり馬が勝つのか、休み明けの実績馬が貫禄を示すのか、はたまた不振続きの”伏兵馬”があっと驚く激走を見せるのか。非常に難解なレースだが、それだけに馬券的な妙味は増すはずだ。

■競馬 記事一覧>>