ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 夏競馬が終わり、秋の中山・阪神開催も、はや3週目を迎えます。先週は阪神でローズS、中山でセントライト記念、2週前にも中山で紫苑Sが行なわれるなど、秋競馬が始まってからは毎週、3歳世代の最後の一冠を目指すトライアル戦で白熱した戦いが見られています。

 そして今週は、菊花賞トライアルの神戸新聞杯(9月24日/阪神・芝2400m)が行なわれます。

 毎年、このレースでも春の実績馬と夏の上がり馬が激突し、熱戦が繰り広げられます。しかも、本番の菊花賞(京都・芝3000m)でも好走する馬の多くがここから出てきています。過去10年の菊花賞を振り返っても、優勝馬の8頭が神戸新聞杯組。それだけ重要なトライアル戦と言えます。

 普通、トライアル戦と言うと、収得賞金に余裕がある実績馬にとっては”たたき台”。ここを使って、本番でのパフォーマンスアップを図るのが一般的です。

 逆に、賞金の足りない馬にとっては”勝負どころ”。本番への権利を獲るため、ほとんどの馬がここに勝負を絞って目いっぱいに仕上げてきます。その分、トライアルで結果を残したとしても、そのピークを維持できず、本番ではなかなか結果を出せないことが多いです。

 ところが、この神戸新聞杯に関して言うと、目イチの勝負で権利を獲得した条件馬が、そのまま本番でも好走することが多々あります。

 昨年2着のミッキーロケットは、本番では不利があって5着に敗れましたが、一昨年の勝ち馬リアファルは本番でも3着と好走。3年前の2着馬サウンズオブアースと3着馬トーホウジャッカルは、本番でも勝ち負けを争って、前者が2着、後者が1着と結果を出しました。それ以前にも、サトノノブレス(2013年、神戸新聞杯3着→菊花賞2着)、ビッグウィーク(2010年、神戸新聞杯3着→菊花賞1着)、オウケンブルースリ(2008年、神戸新聞杯3着→菊花賞1着)などが、神戸新聞杯で権利を獲って本番でも好結果を残しています。

 春のクラシックに出走するためには、春の時点である程度完成している必要があります。しかし、競走馬の3歳春というと、未完成どころか、まだ脚もとが固まっていなかったり、馬体に緩いところが多かったり、内臓も弱かったり、体質がしっかりしていなかったりする場合が結構あります。その時点では、すごい素質を持っていながら、その能力の半分も出せていない馬がたくさんいます。

 それでも3歳秋を迎えると、ひ弱かった馬がひと夏越して大きく成長。人間で言えば、中学生だった子が高校生、大学生になるようなもので、体格も中身も激変することがあります。前述の馬たちは、まさしくそうした成長過程にあって、一戦こなすごとにたくましさを増していったのでしょう。

 ゆえに、神戸新聞杯においては、3歳春の時点ではまだ成長途上にありながら、夏を越して急成長し、本番の菊花賞でも好走が期待できそうな馬を探すこと。それが、このレースの行方を占ううえでのひとつの考え方だと思います。

 今年も、その考えにぴったり当てはまる馬がいます。そう、キセキ(牡3歳)です。

 昨年末の新馬戦こそ快勝したものの、その後はGIII毎日杯(3着。3月25日/阪神・芝1800m)まで、月1走ずつこなしてきましたが、毎日杯を含めて3戦とも善戦止まりでした。ただ、その負け方はいかにも素質を持て余している雰囲気があって「秋には大きく変わってくるかも」と、当時から思っていました。

 そうして、春には無理をさせることなく、ダービー出走などを夢見ずに休養。おそらく成長を促すためでしょうが、陣営のその決断には感服しました。まさに英断です。

 その結果、7月の復帰戦(500万条件)では古馬との初対戦でも圧勝。昇級初戦となった前走の1000万条件・信濃川特別(8月5日/新潟・芝2000m)でも、驚異的な決め手を披露して快勝しました。春とは違って、一段と成長した姿を見せてくれましたね。

 今回の相手は同世代とはいえ、さらに強化されていますが、春の時点からのパフォーマンスの上積みを考えれば、ここでも十分に上位を争えると思います。ここで好走して、本番の菊花賞でも好勝負を演じる――その可能性も大いにあるのではないでしょうか。

 もちろん、ダービー馬レイデオロ(牡3歳)も最有力の1頭です。

 一冠目の皐月賞(5着。4月16日/中山・芝2000m)で敗れたことによって、ダービーでは2番人気に甘んじましたが、2歳暮れの時点では「三冠馬が出るかもしれない」と思わせたほど、同世代の中では圧倒的な存在でした。皐月賞は順調さを欠いて取りこぼしたようなもの。レースも負けたとはいえ、勝ちに等しい内容でした。実質”負けなし”のダービー馬という見方でいいでしょう。

 今回も休み明けというマイナスがありますが、皐月賞の前とはワケが違います。休養中も順調に過ごして、仕上がりに関して心配はいらないでしょう。

 懸念があるとすれば、初めての関西圏での競馬ということと、距離でしょうか。少しテンションが高めな馬だと思うので、初めての長距離輸送と、競馬場で1泊するというスケジュールがどう出るか。多少のイレ込みはある程度織り込み済みだと思いますが、想像を上回ってしまうこともなきにしもあらず、です。

 距離に関しては、本質的には中距離馬。ベストは2000mという気がします。実際、陣営がこのあと菊花賞に向かわないのは、その距離への不安が少なからずあるからだと思います。

 2400mはダービーでも勝っている距離ですが、勝ち時計は2分26秒9。同日に同コースで行なわれた1000万条件のレースより3秒以上遅く、前週のオークスに比べても2.8秒も遅いスロー決着でした。実質2000mの競馬だった、と言えなくもありません。それだけに、レースが淡々と流れた場合、若干の心配があります。

 とはいえ、これらはあくまでも「懸念があるとすれば……」という程度のこと。まったく不安は感じていません。よもや負けるようなことがあれば、その辺りが敗因になるのではないか、というレベルの話です。

 キセキと同様、ここでの結果次第で、本番の菊花賞でも好勝負するかもしれないと思っている馬がもう1頭います。ダービーでは10着に敗れたサトノアーサー(牡3歳)です。

 この馬も早い時期から、その高い素質の片鱗は見せていました。ただし、春の時点でそれが開花するまでには至りませんでした。

 そもそも毎日杯からダービーへ直行したように、当時はまだ幼さが抜けず、成長途上だったのではないでしょうか。事実、もともと線の細く見える馬でしたが、3戦目のGIIIきさらぎ賞(2着。2月5日/京都・芝1800m)からは馬体重を減らし続けていましたしね。

 そこからこの夏の間に、どれだけ成長しているのか、どれほど馬体に幅が出てきているのか、非常に注目しています。もし期待どおりに成長してくれていれば、ここでも好勝負できるでしょうし、本番でも上位争いが期待できるような気がします。楽しみな1頭です。

 さて、このレースの「ヒモ穴馬」ですが、先週のローズS、そしてその翌日のセントライト記念でも絶妙な騎乗ぶりを魅せてくれた、横山典弘騎手が手綱を取るマイスタイル(牡3歳)を取り上げたいと思います。


横山典弘騎手が騎乗するマイスタイル

 ローズSでは、6番人気のカワキタエンカを2着に粘り込ませました。当日は台風の接近により、微妙な馬場コンディションとなったうえ、強風が吹き荒れていたと聞いています。そうした状況の中で絶妙なラップを刻み、同馬の持てる能力をギリギリまで出し切って逃げたあのレースぶりには、本当に恐れ入りました。

 横山典騎手は、おそらく本番ではNHKマイルCを制して、休み明けのクイーンSも快勝したアエロリットに騎乗するでしょう。カワキタエンカの陣営としては、残念で仕方がないのではないでしょうか。それほど「お見事!」という騎乗でした。

 セントライト記念では、2番人気ミッキースワローの手綱を取って差し切り勝ち。ローズSとは違った内容で、こちらも「お見事!」と言うしかない好騎乗でした。1番人気アルアインのすぐ後ろの内側にうまくつけて、直線に入ると、まるで測っていたかのような仕掛けから、前を難なく捉えていきました。抜け出してからさらに伸びたところは、鞍上もびっくりしたのではないでしょうか。

 まさにベテランならではの、円熟味あるレースぶり。今週も期待が増すばかりです。

 手綱を取るマイスタイルについては、初騎乗となった弥生賞(3月5日/中山・芝2000m)のときも、この馬のよさを引き出して2着と結果を出しました。ダービーでも4着に粘らせる好騎乗を見せましたが、そこから成長していれば、今回はダービー以上のパフォーマンスを発揮できるのではないでしょうか。

 相手は強力ですが、鞍上の経験と技術、それらに裏打ちされた手腕によって、再びマイスタイルの大激走を引き起こしてほしいと思います。

大西直宏オフィシャルブログ>

大西直宏公式LINE@始めました。
元騎手の視点で馬券のヒントになる情報をお届け!
友だち追加で「@0024n」を検索!
下のQRコードを読み取って頂くことでも見られます。

■競馬 記事一覧>>