電通が労使協定の改定を繰り返していたことが判明 初公判で検察が指摘ダイヤモンド・オンライン

電通が労使協定の改定を繰り返していたことが判明 初公判で検察が指摘

ざっくり言うと

  • 違法残業事件の初公判で22日、検察が電通のずさんな労務管理実態を指摘した
  • 同社は東京五輪の入札指名停止を恐れ、労使協定の改定を繰り返していたそう
  • 毎月約1400人に達していた違法残業の社員をゼロになったとみせていたという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング