DSC08639

写真拡大 (全14枚)

これがバヌーシー生活なのか…!

しばらく間が空きましたがバヌーシー生活についての近況報告です。お忘れの方にお伝えしておくと、バヌーシーというのはエロ動画販売などでおなじみのDMM.comが仕掛ける一口馬主サービス。馬と馬の繁殖行為や、繁殖行為で生まれた子どもをお金でどうこうして楽しもうという高等遊戯です。僕はこのサービスに1万円を投じ、1万円分取り戻すまでいじって遊ぼうと思っている興味本位のファンなのであります。

最近のバヌーシー界隈の動きとしましては、まず僕の愛馬がJRAに正式に競走馬登録されました。名前は「アイワナシーユー」。お母さんがワナダンスという馬名だということから、「ワナ」をもらってきまして、早く会いたいですねという想いを込めた。そんなお名前となっております。僕が提案した「ホロビユクアプリ」という名前は残念ながら却下されました。

愛馬はすでに厩舎に入りまして、坂路(※坂のようになっている調教用のコース)などをチンタラと走りまわっています。まだジョギングといったところでしょうか。仕上げの遅い…レース前まではジワジワと調教するタイプの調教師さんということですので、もうしばらくはこのペースでチカラをつけていくのかなというところです。

ちなみに、レースに出るためにはその前にゲート試験というものに合格する必要があります。ゲートというのは競馬のスタート地点にあるスタートゲートです。これにおさまって、なかで待機して、扉が開いたら全速力で走る…ということをちゃんとできないと、レースには出させてもらえないわけです。僕の愛馬は二度ゲート試験に挑戦しまして、二度落ちました。早くもダメそうですね!(追記:三度目の挑戦で合格しました)

↓右で頬ずりしているオッサンがバヌーシーの代表、中央の馬が僕の愛馬(牝)、左でドン引きしているのが調教師の先生です!


「I wanna see you too まるでそう言っているかのようでした」と犯人は意味不明なことを申しておりますが、絶対に言ってないと思います!

英語だしね!

相変わらず馬のほうは売れておらず、二頭目の入厩馬も大量の売れ残りを抱えた状態での入厩となりました。ほかの馬も先ほど見ましたらば、ベネンシアドールの2015が残8864口、ニンフ兇2015が残9385口となっており、ほとんどが売れ残った状態でした。早晩潰れるこのサービスを監視するという大義、馬の生命をもて遊ばせるわけにはいかないという義侠心、奮い立ってきますね!

そんな含み損を抱えるDMMバヌーシーですが、こうなった以上は攻めるしかありません。攻めて攻めて攻めまくって、間違って追い風が吹くことに賭けるしかない。その意気込みで取り組んだ施策が、まさかのリアルイベント出展でした。それも、競馬とも何の関係もない「アンチエイジングフェア」という美容と健康に関する企業が集ったイベントにです。

「何の関係があんねん!」「金を無駄に使うな!」「東京ゲームショーとかに出すほうがまだマッチ感あるわ!」と高速でムチが回転せざるを得ないツッコミ待ちの立てつけ。僕はバヌーシーを代表して、それらの文句を叩きつけてやろうと現地に向かいました。「お前も相当ヒマだな!」とツッコミ返されるのを覚悟のうえで。違うよ!ヒマじゃないっての!1万円を取り立てに行く精神だから!

↓やってきましたフジテレビ!

↓正面入り口前広場では美容と健康のイベント「アンチエイジングフェア」が開催中!

↓DMMバヌーシーも何故かこのイベントに出展!「アイワナシーユーとアシーユー」という足湯コーナーでアンチエイジングに取り組んだ!

「アイワナシーユーと…」
「アシーユー…?」
「何コレ?足湯?」
「これ何の意味があるの?」
「準備もタダじゃないんだろ?」
「タダでもダメだけどさ」
「この客層、サービスとマッチしてる?」
「してないけど、これから狙っていきたい?」
「じゃあ、CMは何なんだと」
「こじはるとおぎやはぎ」
「これはご婦人向けなのか?」
「ここにきてるご婦人は誰をリスペクってると思う?」
「RICAKOだよ!」
「RICAKOをCMに起用するとか」
「RICAKOの尻が乗馬で引き締まるとか」
「狙うってそういうことなんじゃないのか」
「効果を最大化させていかないと」
「客が見えてないから方針がブレるんだよ」
「お前が楽しかった、で終わるのは」
「仕事じゃないんだよね」
「よしんばご婦人狙いだとしてもだ」
「口座開設もアプリダウンロードもさせず」
「ていうか新規勧誘もしないイベントに」
「既存の顧客の金を溶かすのか?」
「オッサンをどれだけ養分にすれば気が済むんだ!」

という説教を広告代理店の担当者と、社内の企画担当者に言うべきところですが、コレをやってる担当者が会社の代表なので誰も意見することができません!

滅び行く組織にありがちな構造!

提案書・企画書の基本がしっかり身につく本 絶対に採用される書き方とは? [ 富田真司 ]

価格:1,620円
(2017/9/22 03:15時点)
感想(0件)

フジテレビ社屋に入りますと、社員が出社して普通に上がっていくエレベーターの手前の空きスペースにバヌーシーはいました。何脚かのベンチには人の姿はなく、そのまわりに飾ってあるポスターやらモニターやらは見向きもされず、ときおりアンチエイジングフェアに並び疲れたご婦人がやってきてベンチに腰掛けるばかり。屋外で行なわれているイベントの盛況ぶりに比べて、非常に閑散としております。通り過ぎるフジテレビ社員の視線も冷たい。

↓一応、ブースらしきものはこさえてあるが人は近寄らない…!

↓出社するフジテレビ社員をカチンとさせるこじはるさんのメッセージも掲出!

お仕事ばっかりじゃダメだぞって言われても、今まさに出社してきたとこなんだよね!

一番最後の「アンチエイジングフェアとアイワナシーユーは同じ『ア』から始まります」という情報がカチンカチンカチンさせてくる!

【中古】 ダジャレ練習帳 ハルキ・ブックス/多治家礼(著者) 【中古】afb

価格:198円
(2017/9/22 03:16時点)
感想(0件)

マラソン選手のハヌーシさんからサービス名のインスピレーションを受けたと言い張り(※絶対にウソ)、アイワナシーユーでアシーユーというしょうもないダジャレ企画を実現し(※コレは本気で面白いと思い込んでる)、その大義となる出展理由の説明を「どっちもアで始まる」で済ませてきた。僕の中のサラリーマンは「何てクソみたいな会社、クソみたいな企画だ!」と70%が激怒しています。

そして同時に30%くらいが「楽しそうだなぁ…」とうらやましがっています。あぁ!こういう説得力のないくっだらないことをやらせたら、ワリとできるほうなのに!何故僕はこの会社につとめなかったのか!あぁ思い出した!エロ動画の会社だったからだ!エロ動画のグループ企業はイヤです!

今回の出展ではいくつかの面白企画(と本人たちが思っているモノ)が出展されています。まずはPerfumeのステージ演出などで有名なチームラボとコラボしたという「バヌーシーなりきりPhoto」。これはチームラボの最新技術で、バヌーシーの馬との合成写真を簡単に撮影できるというもの。チームラボが新入社員の育成のためにやってる感じのゆるーいテクノロジーです。

↓かわいい競走馬と一緒に記念写真を撮ってバヌーシー気分を味わおう、ですって!それで気分味わえるんだったら、1万円で馬買わなくてもよさそう!

↓実際にやってみると、操作性がめちゃくちゃ悪くてやりづらいです!

たくさんの人が体験するほどに、チームラボへの熱い風評被害が発生しそうです!

あと、撮影すると強制的にバヌーシーのFacebookにアップされるというヤバめの仕様も熱いです!

つづきましては勝負服の展示コーナー。勝負服というのはその馬主さんの馬が走るときに、騎手が着る服のことです。ユニフォームみたいなものです。黒字に緑の山形が描かれたデザインは、DMMのコーポレートカラーに合わせたもの。代表はこの模様を見て「何となくDMMと読める」などと申しております。すみません、他人ですけど僕からも謝ります。思い込み、嘘、決めつけの数々、申し訳ございません!

↓この勝負服を着た写真を撮れるというのがこのコーナーのウリです!ただし、ジョッキー用なので、ピッチピチです!

この体験はそこそこ貴重かもしれません!

ただし、1着しかないので女性も男性も脂っぽいオッサンもみんなで着回す感じなのはご了承ください!

さぁ、いよいよ本日の大目玉企画(※怒られるというニュアンスを込めて)、「アイワナシーユーとアシーユー」の出番です。Jリーグの貧乏クラブとかでコレをやったら、サポーターからコスト意識の低さをドヤされる感じのヤツを堂々とやってみた、渾身のブースがコチラです!

↓これが「アイワナシーユーとアシーユー」だ!

↓誰の足の間を通ったお湯なのかはよくわからないけれど、どこかで循環ろ過されていると信じたい!

大体、足湯って温泉でついでにやるものであって、ダジャレで無理に作るものじゃないですよね!

馬の名前が「ディープインパクト」だったら、互いのトモを打ちつけながらディープなインパクトを体験させるVR繁殖体験ブースを作ったのかと問い詰めたい!

ちなみに、4万円くらいで足湯の家電が売ってるので、間違ってもう一回同じことをやるときは、コレを買ったほうは安上がりだとお知らせしておきます!

ヒーター機能付 ジェットとバブルでお好み設定 静かなフットバス 足湯器 フットスパ マッサージ 持ち運び簡単 冷え性 足浴 水の飛び跳ねしにくい エステFoot Baths heated【日本語説明書付】【smtb-k】【kb】 【RCP】

価格:39,800円
(2017/9/22 03:23時点)
感想(25件)

早速浸かってみると、確かに温かい、そしてまだ多くの人が入ってない感じのフレッシュなお湯なので気持ちいい。何故、ここでこんなことをしているのかという大きな疑問さえスルーできたなら、なかなかにいい体験かもしれません。

足湯に浸かる際は使い切りのタオルも貸してくれますし、洋服の関係で素足になれない人のために長靴代わりのビニール袋も貸してくれます。「ビニール袋を借りると足は濡れないのでタオルいらないなぁ…」と思いましたが、心配りはなかなかいいじゃないですか。確かに、急に素足になれないってこともありますもんね。次は「やっぱり足湯はナイな」と企画実行前に気づけるくらい、心の感度を高めていってほしいと切に思います。

どうですか、こんなバヌーシー生活は。

屋外のアンチエイジングフェアでは、クイズに答えると健康食品がもらえるとか、アンケートに答えたら美容化粧品がもらえるとか、ご婦人がヤマのようなお土産を手にホクホクしています。その中で、何故か足湯に浸かって手ぶらで帰らされるというバヌーシーの姿、憐れだとお思いですか。一般論で言えば憐れかもしれません。

ただ、バヌーシーはこうやって自ら積極的に行動してこそ楽しくなるものだと僕は確信しています。一口馬主とはもう少し違う、サッカーとサポーター、アイドルとファンのような関係で、競走馬と自分の新たなフレンドシップを築いていく。そこに損得勘定はないのです。

連戦連敗の駄馬がいたとしても、駄馬であることを嘆くのではなく、健康に走っていることを喜ぶような気持ち。僕はそれをもってバヌーシー生活を送っていきたいと思うのです。その気持ちは一口が250万円でも1万円でも大して変わらないのです。リターンがあろうがなかろうが変わらないのです。むしろ損をしてこそバヌーシー。捧げてこその愛。

どうぞみなさん、「CDをたくさん買ってるバカ」を見るような目で、温かくバヌーシーを見守ってください。僕も自分自身を70%はそういう目で見守りながら、残りの30%で存分に楽しんでいきたいと思います!

↓という客の優しさを先回りしてポスターに「お金じゃないからね。」と書いてあるのが、またまたカチン!

お金じゃないけど、お金をまったくいらないって言ってるわけじゃないから!

もらえるもんなら、そりゃ欲しいわ!もしも1万円を回収できたら、そのお金で次の馬を買います!