ファイナルファンタジー(FF)の大規模回顧展「別れの物語展」が六本木で開催

写真拡大

ファイナルファンタジー30年の歴史を“別れ”で括る回顧展「FINAL FANTASY 30th ANNIVERSARY EXHIBITION -別れの物語展-」が、六本木ヒルズ森タワー52階・森アーツセンターギャラリーにて、2018年1月22日(月)から2月28日(水)まで開催される。

スクウェア・エニックスによって生み出され、全世界累計1億3,500万本以上の出荷・ダウンロード販売を誇るRPGシリーズ「ファイナルファンタジー」。誕生30周年を記念して、これまで横浜市とのコラボレーション企画をはじめ様々なプロモーションを展開してきた。「FINAL FANTASY 30th ANNIVERSARY EXHIBITION -別れの物語展-」は、その集大成となる大規模展覧会だ。

世界で愛される「ファイナルファンタジー」

「ファイナルファンタジー」、通称FF(エフエフ)。据え置きゲーム機のRPGジャンルに多くの新しいコンセプトを導入したゲームシリーズ作品として誕生し、スーパーファミコンやニンテンドーDSなどのゲーム機をはじめ、CGアニメ、アニメでも展開されている。日本のみならず世界で愛され、最多の作品数を有するRPGシリーズとして2017年にはギネス世界記録に認定された。

その魅力として挙げられるのは、CGによる圧倒的に美しいグラフィックや人間味に溢れた個性豊かなキャラクターたち、そして感動的なストーリーだろう。中でも、シリーズを通して数多く描かれてきたのが、記憶に残る“別れの物語”だ。

“別れの物語”に着目した大規模回顧展

今回の回顧展は、作品の中で描かれてきた数々の“別れの物語”を様々な趣向を凝らした体験型展示で再構築したもの。戦友・親子・恋人など、キャラクターたちの数々の”別れの物語”が紹介される。

自動で流れるゲームBGM&キャラクターボイス

会場に足を踏み入れると、まず来場者にはiPhoneを採用した専用音声ガイド機が手渡される。展覧会はヘッドホンをつけて鑑賞するスタイルとなっており、展示物の前に立つとシンクロしたゲームBGMやキャラクターボイスが自動的に流れてくる仕組みだ。FFのプレイヤーなら一度は聞いたことのある台詞や音楽が楽しめる。

さらにユニークな試みが。展示会を楽しんだ後に、iPhoneをQRコードにかざすと、自身が足を止め会場で聴いた楽曲のプレイリストが印字・配布される。会場で気に入った曲をあとで振り返ることが可能となっている。

「別れの物語展」見どころ

会場は「FF機FFV機廖FFX」「FFXV」などこれまでのFFシリーズ別に分けた、9エリアで構成されている。この記事では、中でも抑えておきたい見どころを紹介。

<アトラクション風シアター> FFの世界へと旅立つ

見どころの1つは、まず初めに現れるアトラクションのような“参加型インタラクティブシアター”。

高さ3.9m×幅12mの巨大壁面に大迫力映像が投影され、参加者は飛空艇エンタープライズ号に乗り込み、次元の狭間を超えてファイナルファンタジーの世界へと旅立つ。大画面の映像に合わせ強風が吹き、まるでFFの世界に入っているかのような感覚に。手元の音声ガイド機が映像と連想しており、操作して仲間とともに強敵倒していく。

<FFX展示> ティーダ&ユウナ 思い出の部屋

会場を進むと現れるのが、壁一面に鏡とモニターが張られ、青一色に染まった現像的な部屋だ。

ここでは、FFXの主人公・ティーダとユウナの軌跡が表現されている。違う世界の住人でありながら、惹かれあう二人。彼らの出会いから、それぞれの悲しい運命、そして別れのラストシーンが映し出され、2人の台詞とシンクロする。まるで二人の記憶の中に迷い込んだかのような気分になれる、ドリーミーな展示となっている。

<FFXV特別展示> “幻の結婚式”を開催

さらに進んだ先に現れる、FFXVエリア。ここでは、ノクティスとルナフレーナにフォーカスした展示が登場。ゲーム本編では、ラストシーンで”幻の結婚式”として一瞬だけ映し出されていたが、ここではじっくりと味わうことができる。

寄り添い幸せそうな二人の姿の周りには、父レギスやグラディオラス、プロンプトといった親友たちが、二人を祝うかのように優しく祝辞を語りかける映像が。このシナリオは、今回のために用意された特別なシナリオとなっているので、是非足を止めたいエリアだ。

<FFVII特別展示> 「スラムの教会」を再現

「FFVII」エリアでは、ゲーム本編で悲劇的な最期を迎えたエアリスと主人公・クラウドが初めて出会った思い出の場所「スラムの教会」を再現。まるでゲームの世界観に入ったかのような荘厳な雰囲気となっている。

教会の中は自由に歩き回ることができ、エアリスが思い出を語る言葉が流れてくる。さらに、壁面にはファンにたまらない「FFVII REMAKE」の本邦初公開となるイメージボードなどが飾られているので、是非チェックしたい。

特別コラボメニュー&先行販売の30周年グッズも

会場と同フロアのカフェ「THE SUN」では、30周年を記念したオリジナルコラボメニューが提供される。

ミートソースオムライスをチョコボデザインに仕上げた「チョコボ風オムライス」や、クリスタルをモチーフにした特別ミルクレープ「30th クリスタルモチーフクレープ」が登場。さらに、FFシリーズでおなじみのポーション、エーテル、エリクサーをモチーフにした特別ドリンクも。それぞれグラスに氷とクリスタルに冠した飴細工が入っている。

グッズは、会場先行発売商品として、30周年を記念した豆皿セットやマグカップが展開される。また「30周年クッキー」は、FFのキャラクターたちが発した様々な台詞が書かれたファンにはたまらない一品。さらに、クラウドやセフィロスのフィギュア、チョコボやビビなどのキャラクターをあしらったポーチなど、多数のグッズが勢揃いする。

展覧会情報

「FINAL FANTASY 30th ANNIVERSARY EXHIBITION -別れの物語展-」
会期:2018年1月22日(月)〜2月28日(水)
会場:森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52階)
開催時間:10:00〜20:00(最終入館19:00)
休館日:会期中無休

<チケット販売について>
■プレイガイド販売
販売期間:2017年12月16日(土)10:00〜2018年2月28日(水)18:00
観覧料:
・前売券
一般・大学生 2,300円、中学・高校生 1,600円、ペア(年齢区分なし・2名分) 3,800円
・グッズ付前売券(入館券とグッズ引換券が発券される)
一般・大学生 2,800円、中学・高校生 2,100円、ペア(年齢区分なし・2名分) 4,800円
※ペアの場合、グッズは同じものが2つになる
※グッズは「オリジナルチケットクリアファイル」(全3種)。コンビニでの購入時に発券される 「引換券」と交換で、オリジナルチケットクリアファイルを会場で配布。なお、購入するプレイガイドにより種類が異なる。
販売窓口:ローソンチケット(ローソン・ミニストップ)、イープラス(ファミリーマート)、ぴあ(セブイレブン)、CNプレイガイド(セブイレブン・ファミリーマート)
※グッズ付チケットはローソンチケット・イープラス・ぴあのみでの販売となる。

■会場販売
販売期間:2018年1月22日(月)10:00〜2018年2月28日(水)19:00
観覧料:
・当日券
一般・大学生 2,500円、中学・高校生 1,800円、ペア(年齢区分なし・2名分) 4,000円(後日利用は不可。当日利用に限る。)
販売窓口:森アーツセンターギャラリー(当日券のみ)で販売(森タワー3Fチケットカウンター)

※価格は全て税込

© 2000, 2005, 2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
© SQUARE ENIX CO., LTD. © DeNA Co., Ltd.
ILLUSTRATION : © 2000, 2017 YOSHITAKA AMANO
[写真付きで読む]ファイナルファンタジー(FF)の大規模回顧展「別れの物語展」が六本木で開催

外部サイト

  • 「週刊少年ジャンプ展」第2弾を六本木ヒルズで『SLAM DUNK』『こち亀』など90年代の作品を特集
  • 「PLAY!スペースインベーダー展」開催、六本木ヒルズ展望台のガラス面に投影されたインベーダーを撃退
  • 琳派×漫画・アニメキャラの展覧会が新宿眦膕阿 - 初音ミクやブラック・ジャックが日本画の中に