『ちょっとまて野球部!』 ©2017 ゆくえ高那・新潮社/「ちょっとまて野球部!」製作委員会

写真拡大

映画『ちょっとまて野球部!』の予告編が公開された。

【予告編と画像を見る】

2018年1月27日から公開される同作は、ゆくえ高那の漫画を実写化した作品。県立神弦高校野球部の1年生である大堀、秋本、宮田の「3バカ」を描くコメディーとなり、テストの追試で赤点を取った赤堀が、再追試に落ちると野球部の夏の合宿に参加できないというピンチに陥る、というあらすじだ。「野球部のキングオブバカ」と呼ばれる大堀役を須賀健太、お茶出しにこだわりを持つ秋本役を小関裕太、マイペースな宮田役を山本涼介が演じる。

公開された予告編では天才を自称する大堀の姿や、秋本が「光合成」している様子、グラウンドで「ボールが来るまで動きません」と宣言する宮田の姿に加え、3人がもんじゃ焼きを囲む様子やユニフォーム姿で叫んでいる場面などが確認できる。あわせて同作の主題歌がShout it Outの“アフタースクール”になることも発表。また監督役の福士誠治、マネージャー役の宮崎秋人、2年生部員を演じた柳喬之、塩野瑛久、荒井敦史ら共演者を写した場面写真も公開された。

さらに1月10日に同作のメイキングDVDがリリースされることも決定。撮影風景をはじめ、須賀健太、小関裕太、山本涼介の座談会や、塩野瑛久、荒井敦史、柳喬之による座談会、宮崎秋人、福士誠治のインタビューなどが収録される。

■山内彰馬(Shout it Out)のコメント
「Shout it Out なりの青春を描いてほしい。」
宝来監督との打ち合わせの時、そう言われました。
ボーッと過ぎて行く毎日をただただ眺めていた学生時代、他の人からすればなんでもない出来事が、自分の前でだけ輝きを放つようなあの日々の先に今日がある。
そんな曲を作りました。
作り終えた今はただ、微力ながらも力添えさせていただいたこの作品が、たくさんの人に愛されればいいな、と思います。よろしくお願いします。