北朝鮮は国営メディアを通じ、15日に発射したミサイルは新型の中距離弾道ミサイル「火星12型」の発射訓練だったと発表した。NHKニュースが報じた。

 平壌より約3400キロ離れたグアム島を射程に収めていると誇示し、トランプ政権を強くけん制する狙いがあったと見られる。


北朝鮮 「火星12型」の発射訓練を実施したと発表(NHKニュース)