アメリカの恋人が完全復活!/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

ジュリア・ロバーツ(49)が、イタリアで行われたファッションショーに、ピンクのミニワンピースと黒のタイツ姿で美脚を披露。完全復活を果たしたと絶賛されている。

【写真を見る】髪を金髪に染めて、若返った印象のジュリア・ロバーツ!/写真:SPLASH/アフロ

ストッキングやタイツ、レギンスなどを手掛けるイタリアブランドのカルツェドニア主催のCalzedonia Legs Showに出席したジュリアは、ディオールの白い襟が付いたペールピンクのミニのワンピースに模様入りの網タイツと黒いアンクルブーツ、そしてクラッチバッグという出で立ちで登場。黒いマニュキュアや、カジュアルなブレスレットで遊び心を演出しているが、やはり金髪にしたロングヘアスタイルのジュリアスマイルはもとより、長くてスレンダーな美脚がひときわ目立っている。

それについてジュリアは「ランウェイとカルツェドニアのニューラインのコラボによって、新たなファッションが生まれたことはとても嬉しいわ。私の脚に視線が注がれているなら、いいことよ!効果はばっちりってことだから。4年位前に、ファッションにあまり気を遣わなくなったことがあったけど、ストッキングとかタイツで新たな要素が見いだせてとても新鮮に感じているわ」とOK!誌のインタビューで語っている。

90年代に“アメリカン・スウィートハート(アメリカの恋人)”と言われてきたジュリアは、出産を境に一線から遠のき、復活を果たした際にも「おばさんになってしまった」という声が多かった。しかし今回は「今も変わらないスウィートハート」「さすがジュリア。完全復活!」と絶賛されている。【NY在住/JUNKO】