ジバニャンが“鬼太ニャン”に! (C)LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト 2017

写真拡大

 映画「妖怪ウォッチ」シリーズが、水木しげる原作の名作妖怪アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」とコラボレーションすることが決定し、劇場版最新作となる「映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活」に鬼太郎、目玉おやじ、ねずみ男ら“鬼太郎ファミリー”が総出演していることがわかった。さらに、本シリーズの主要妖怪ジバニャンが、鬼太郎の妖気の影響を受け、“鬼太ニャン”に変身した姿がお披露目された。

 レベルファイブが企画・原作を手がける「妖怪ウォッチ」は、ゲーム、アニメ、漫画、玩具などさまざまなクロスメディア展開を行う人気アニメ。劇場版第4弾となる今作は、ストーリー設定やキャラクターデザインを一新したホラーコメディ。“ケータの時代”から30年が経ち、妖怪ウォッチが時空の彼方に葬り去られた世界を舞台に、新たな主人公ナツメ、トウマ、アキノリと妖怪たちの物語が展開される。“ある危機”に直面したジバニャンら一行は、伝説の存在である鬼太郎の助けを借りるためにゲゲゲの森を訪れ、鬼太郎、目玉おやじ、ねこ娘、子泣きじじい、砂かけばばあ、一反もめん、ねずみ男と出会う。

 新旧妖怪アニメのコラボレーションに対し、今作の製作総指揮・原案・脚本を務める日野晃博は「今回、妖怪ウォッチの世界観はシリアスに変わっているのですが、ここで大人が見るに堪えるものにするというコンセプトが生まれました。現代の大人において『妖怪』と言えば、やはり鬼太郎ではないでしょうか。というわけで、鬼太郎とコラボしたいという発想に至りました」と説明。「壮大なコラボだと思います。これが実現できたことは、スタッフ一同感無量です」と語っている。

 さらにジバニャンも、「えええーーーっ! あの伝説の鬼太郎センパイが、妖怪ウォッチの映画に出るニャンか!? まじヤバいニャン! これはもう見るしかないニャン!」と大興奮。鬼太郎の声を務めるベテラン声優・野沢雅子は「妖怪ウォッチにおじゃまする事になり、どんな風に受け入れられるのか、どんな歓待を受けるのか、いろいろ私なりに楽しみながら想像しています。今から完成がとっても楽しみでワクワクしています。妖怪は不滅です」とコメントを寄せている。

 「映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活」は、12月16日から公開。