【銀座3〜4丁目】サンドイッチタウンで見つけた名作サンド

写真拡大 (全8枚)

◆【銀座3〜4丁目】サンドイッチタウンで見つけた名作サンド

和光や銀座三越などの華やかなランドマークがある一方で、一本路地に入ると個人商店が並び、下町感あふれる界隈も。そんな二面性のある3〜4丁目エリアには、ここでしか味わえない名物サンドイッチがごろごろ。編集部のパン好き食いしん坊コンビがご案内。

(左)編集部 ナオコ/編集1年目ルーキー。ニュース担当で都内を駆け回る日々。週末に自宅でパンを焼くのが趣味
(右)編集部 アサミ/グルメ担当歴8年。朝食は100%パン派。早歩き&早食いが得意なのでロケハン部隊向き

◆すべてテイクアウトOK!銀座3〜4丁目でしか味わえないサンドイッチ

食感がたまらない
プリップリのエビカツサンド
創業148年の老舗店2階でいただける、エビカツサンド1296円。カツのサクッと食感のあとに続く、プリップリ感がたまりません。できるだけ同じサイズのエビを約10匹選んで使用しているのがポイント。オーロラソースの酸味が懐かしいレシピは、20年以上変わらない。(編集部 アサミ)
銀座木村家(ぎんざきむらや)
銀座木村家(ぎんざきむらや)
電話番号/03-3561-0091
住所/東京都中央区銀座4-5-7-2F
アクセス/銀座駅A9出口よりすぐ
営業時間/10:00 〜21:00(20:30LO)
定休日/なし(年末年始は除く)
席数/38

とにかくビッグ!
厚切りパンの玉子サンド
サーブされたとき、拍手喝采が起こるボリューミーな玉子サンド。パン1斤を使ったサンドセットは、ドリンク、スープ、サラダ付きで1200円(テイクアウトはサンドのみ500円)。4儻切りパンのしっとりした甘さと、玉子フィリングの濃厚さが相性抜群で大きくてもぺろり。(編集部 ナオコ)
アメリカン
電話番号/03-3542-0922
住所/東京都中央区銀座4-11-7
アクセス/東銀座駅3出口より徒歩3分
営業時間/8:00〜10:30 12:00〜15:00 テイクアウト8:00〜15:00(パンがなくなりしだい終了)
定休日/土・日・祝
席数/24

驚きのコスパ!
やわらか肉厚カツサンド
前日昼までの予約でありつける、知る人ぞ知る上ヒレ肉のトンカツサンド。約2.5cmものぶ厚いカツなのに、しっとりやわらかくジューシーで、これが800円なんて驚きです。おいしさの秘密は、お店で食べるカツよりも揚げ時間を30秒短くし、肉汁を閉じ込めているから。(編集部 アサミ)
銀座 にし邑(ぎんざ にしむら)
電話番号/03-5565-2941
住所/東京都中央区銀座3-12-6
アクセス/東銀座駅A7出口より徒歩3分
営業時間/11:00〜14:00(LO) 17:30〜21:00(LO)※サンドイッチの予約は前日12:00まで
定休日/土・日・祝
席数/14

揚げ物の匂いに誘われて、客足が途絶えない下町の惣菜店。揚げたてを挟んでくれるコロッケサンド300円が好物です。ごろごろ食感のジャガイモは、安心の有機栽培。特製ソース(1本220円で購入可)の甘い香りに負けて、つい店先でハフハフしながら食べてしまいます。(編集部 ナオコ)
チョウシ屋
電話番号/03-3541-2982
住所/東京都中央区銀座3-11-6
アクセス/東銀座駅A7出口より徒歩2分
営業時間/11:00〜14:00 16:00〜18:00
定休日/土〜月・祝
席数/なし(テイクアウト販売のみ)

名喫茶で味わう
濃厚なオムレツサンド

オムライスが有名ですが、実はオムレツサンド750円(テイクアウト800円)も隠れた逸品。ふんわりパンに挟まれたオムレツはマーガリンが効いて、驚くほどとろりと濃厚! クラシックな店内でいただくなら、サンドと相性抜群の生クリーム付きコーヒーと一緒に味わって。(編集部 ナオコ)
喫茶 YOU(きっさ ユー)
電話番号/03-6226-0482
住所/東京都中央区銀座4-13-17高野ビル1・2F
アクセス/東銀座駅3出口より徒歩2分
営業時間/11:00 〜21 :00(食事は11:30 〜20:00)
定休日/なし(年末年始は除く)
席数/48

まるでアートのような
フォトジェニックサンド
カラフルで美しい断面が特徴のサンドイッチ専門店。小ぶりだけれど具材がギュッと詰まって食べ応え十分。スモークサーモンサンド432円やフルーツサンド303円など、食事系からスイーツ系まで10種類以上あるので、ホームパーティや手みやげに重宝しています。(編集部 アサミ)
サンドウィッチリージョアン
電話番号/03-3535-1842
住所/東京都中央区銀座4-6-16銀座三越B2F
アクセス/銀座駅直結
営業時間/10 :30〜20 :00
定休日/不定(銀座三越に準ずる)
※テイクアウトのみ

PHOTO/KITCHEN MINORU(Main)、AYA MORIMOTO(Shop) WRITING/ASAMI TAYA(OZmall)、NAOKO KAWAI(OZmall)