西野七瀬がなぎなた部で成長する主人公に

写真拡大

 「乃木坂46」の西野七瀬が9月12日、東京・飯田橋の神楽座で行われた、初主演映画「あさひなぐ」の部活生限定試写会に、共演の富田望生、中田花奈、斉藤優里とともに出席。所属する部活のユニフォーム姿で参加した80人の学生を前に、部活動について語り合った。

 「学生時代にかっこいいと思った部活」を問われた西野は、ギターを手にした参加者を指差し「軽音部です。自分が高校生の時に、軽音部が練習している音が聞こえてきたのを覚えていて」と告白。担当したい楽器を「ベース!」と明かすと、客席から驚きの声が上がっていた。一方の富田も、客席のなぎなた部員に熱視線を送り「すごくかっこいいので。(撮影時になぎなたの指導を担当した)先生たちにも『続けてください』と言われて、『続けたい』と話していたので。できることなら、いちからやりたい」と熱弁した。

 「何部のマネージャーになりたいか」という話題でも、「高校野球で、選手と一緒に甲子園にいけるマネージャーさんはかっこいいなと思うので、私も一緒に汗を流したい」(斉藤)、「水泳部がいいな。泳げないのですが(笑)。見ていると気持ち良さそうだなと思って。水族館も大好きなので」と、様々な部活動の名前があがる。「チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」出演を機に注目を集めた富田は、「チアダンス部にもいるんです、マネージャーさんというものが! この目で見たんです。キラキラしている女の子たちを支えているマネージャーさんもキラキラしていてかっこいい」と前のめりで話した。

 3人が盛り上がるなか、西野は「どうしよう」と頭を抱え、「あまりハードじゃない部活がいいですね」と苦笑い。「マネージャーに向いてないと思うんです。マネージメントできない。応援はできますが、洗濯とかできないかな。仕事ができないと思うんですよね。それでも許してくれる部活がいいですね」とこぼすと、共演陣は「かわいいから許してくれるよ」とツッコミを入れ、客席も歓声をあげて同調していた。

 こざき亜衣氏の人気コミックを原作に、主人公・東島旭が二ツ坂高校なぎなた部で成長していく姿を描く映画「あさひなぐ」は、9月22日から全国公開。