「レンタル彼氏」のアルバイトをはじめたカメラマンアシスタントを演じる

写真拡大

 ゲームやアニメ原作の“2.5次元舞台”で活躍する俳優・染谷俊之が主演を務めた映画「星降る夜のペット」が9月9日、東京のユナイテッド・シネマ アクアシティお台場で封切られた。染谷をはじめ、共演の菅野莉央、石賀和輝、遠藤要、久保田秀敏、主題歌を担当したダンスボーカルユニット「龍雅 Ryoga」、メガホンをとった仁同正明監督が舞台挨拶を行った。

 映画は、“M男”と“S女”の身勝手な恋を描く。1カ月で100万円が稼げるという「レンタル彼氏」のアルバイトをはじめたカメラマンアシスタント・新山俊(染谷)が、恋人契約を交わしたドSな性格の栗山杏子(菅野)から無理難題を要求される。「ドMな男を演じた感想」を問われた染谷は、「僕はSだけど、たまにはいいなっていう。足かせをされたり、シャワーをかけられたり、新鮮で楽しかったですね」「悪くないな」とまんざらでもない表情を浮かべ、笑いを誘った。

 「レンタル彼氏をやってみたいか?」という話題では、遠藤も「正直Mなので」と暴露し、「もって3日間ですね。(契約期間)2週間も耐えるのはすごいと、映画を見て思いました」と告白。仁同監督も「僕はMです」と続き、「自分がやってほしいことを描いた。嘘ですよ(笑)」とサービストークを連発した。

 また「主人公・俊役を他に選ぶなら」と聞かれた仁同監督は、「久保田くんにやってほしい。久保田くんで撮るなら、すらっとした仕事のできる人が、だんだん“M男化”していくみたいなストーリーがやりたい」と想像を膨らませる。これに対し久保田は「お話をもらったからにはやるしかない。やったらやったで気持ちよくなるのかな」と明かし、「俺もつながれてみたいなって。気持ちよかった?」と、染谷に問いかける。染谷は、「気持ちよくはない。僕はドSなんで、つなぎたい」と乗っかりながら、「なんちゅう話してんの!」とツッコミを入れていた。