大歓声を浴びた福山雅治

写真拡大

 福山雅治と役所広司が9日、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて行われた映画『三度目の殺人』初日舞台あいさつに広瀬すず、満島真之介とともに出席した。この日、登壇者が劇場に現れると「ましゃー」という歓声があちこちから聞かれたが、福山は「(先日参加した)ベネチア国際映画祭では『コウジ〜』という声が上がっていたんです。それを聞いた役所さんが『日本ではマシャでも、ベネチアではコウジだぞ』と同じ長崎県の先輩が言うので『おっしゃるとおりです』って頭が下がる思いでした」と裏話を披露し会場を盛り上げていた。

 本作は、映画『そして父になる』の是枝裕和監督が、福山と再度タッグを組み描いた法廷サスペンス。勝つことにこだわる弁護士(福山)が、会うたびに供述が変わる累犯の容疑者(役所)の弁護を引き受けることにより、何が真実かということに翻弄されていく姿を描いた物語。「第74回ベネチア国際映画祭」のコンペティション部門に出品されている。

 福山は「僕もあまり国際映画祭の経験が多い方ではないので比較はできませんが、エンドロールが始まる前から拍手をいただき、(作品が)届いているのかなと感じました」と現地での反応を報告すると、役所も「上映前から是枝監督のファンがたくさんいました。これまでの是枝作品とは毛色が違うので、どういう反応なのかなと思っていたのですが、みなさん集中して観ていました」と手応えを感じているようだった。

 広瀬は「緊張する瞬間と緩む瞬間の繰り返しで不思議な感覚でした」と独特の表現で振り返ると「拍手の音や、歓声など、響き渡っている音が忘れられなかったです。とてもいとおしい音が耳に残っています」と初のベネチアに感激した様子。

 一方、スケジュールの都合で参加できなかった満島は「朝早く起きて、エンタメのニュースを全部チェックしました。レッドカーペットに立っている是枝監督をはじめ、先輩方、すずちゃん、かっこよかったです」とうらやましそうにしていたが「でもそこに僕がいたらもっとかっこよかったのかなって思うんです。僕自身おじいちゃんがイタリア系なので、イタリアの血が入っているんです」と自慢げに語っていた。

 日本時間の9月10日午前2〜4時ごろにはコンペティション部門の結果が発表される予定だが、福山は「是枝監督の新たなチャレンジにキャストは、新しい自分を引き出されていると思います。チャレンジングで革新的。観ている人も翻弄される参加型の映画です」と作品をアピールしていた。(取材・文:磯部正和)

映画『三度目の殺人』は全国公開中