最愛のガールフレンドに捧げられた「Li II」

写真拡大

 リドリー・スコット監督の代表作「エイリアン」(1979)の造形を手がけたアーティスト、H・R・ギーガーの生涯に迫るドキュメンタリー映画「DARK STAR H・R・ギーガーの世界」の公開を記念し、東京・タワーレコード渋谷店の催事場で、ポスター&アート展が開催中だ。

 1940年スイス生まれのギーガーは、チューリッヒで建築とインダストリアルデザインを学んだのち、60年代半ばから画家として活動を開始。アバンギャルドな作風がカルト的な人気を博し、後世のアーティストに多大な影響を与えた。「エイリアン」の造形で、1980年のアカデミー賞視覚効果賞を受賞した。

 同展はスイスにあるH・R・ギーガーミュージアムを管理する財団の公認を受けて開催するもので、同財団が管理する貴重なリトグラフ、映画のポスターアートにも使用された最愛のガールフレンドに捧げられた作品「Li II」(1973-74)、生前のギーガーの直筆サイン入りのリトグラフやポスターの展示、公式&関連グッズの販売を行う。

 同展を監修したH・R・ギーガー財団のマルコ・ビツィヒ氏は、「ギーガーは『エイリアン』で有名だが、60年代の作品や『パッサージュ』シリーズなど『エイリアン』以外の作品を知ってもらいたい。また、ドキュメンタリーを見て彼のキャリアを知ってほしい。今後、日本でもっと大規模な展覧会が開けたら」とコメントした。

 「DARK STAR H・R・ギーガーの世界」は、ヒューマントラストシネマ渋谷、東京都写真美術館ホールほかで公開中。「ポスター&アート展」は、タワーレコード渋谷店8階SpaceHACHIKAIで10月1日まで開催。入場料800円。