侵略された!? - 長澤まさみ

写真拡大

 女優の長澤まさみと俳優の松田龍平が9日、都内で行われた映画『散歩する侵略者』の初日舞台あいさつに出席。宇宙人に“乗っ取られた”夫(松田)に戸惑う妻を演じた長澤は、松田を前に「侵略されました」とニヤニヤ。これに松田も「侵略しました」と返した。しかし会場に微妙な空気が漂うと、「あっ苦笑だ……」と察して顔を見合わせるなど、2人は息のあったトークでイベントを盛り上げた。

 劇作家で演出家の前川知大が主宰する劇団イキウメの人気舞台を実写映画化した本作。数日間行方をくらました後に「地球を侵略しにきた」と衝撃の告白をする加瀬真治(松田)に疑念を抱く妻・加瀬鳴海(長澤)の周囲で起こる不穏な日々を描く。舞台あいさつには長澤、松田のほか、共演者の長谷川博己、高杉真宙、恒松祐里、メガホンをとった黒沢清監督も来場した。

 松田との夫婦役について長澤は「一番大切なパートナーである真治と本当に夫婦に見えるようなお芝居ができたらいいなと思って演じていました」とコメント。劇中、随所で「怒り」の演技を見せることも話題だが、「ずっと怒っている役ですけど、怒るという感情の中に鳴海のすべてが注ぎ込まれている気がしました。愛情だったり、優しさだったり、悔しさだったり……」と述懐。「勉強になりました」と鳴海を演じた感想をしみじみ語った。

 一方の松田は「撮影に入る前に黒沢さんから『宇宙人みたいですね、そのままいてくれればいいです』って言われて、ホッとしました」と笑顔。「宇宙人といっても見た目も人間ですし、概念を持っていない空っぽな状態。それを長澤さんはじめ、みなさんに引っ張ってもらった。自分で何かをしたという実感はないです。『へえ〜』っていう好奇心をずっと持ちながらやっていました」と撮影を振り返っていた。(取材・文:名鹿祥史)

映画『散歩する侵略者』は全国公開中